【公式】 Jメール 【PR】

登録から2週間で「セックスできる確率82%」の快楽SNS ※セフレ持ちの友達が登録した結果

出会い系サイトでエッチした女性は、毛深く積極的な腰振りがたまらない痴女だった

今回の記事では、出会い系サイトで知り合った女性とセックスすることに成功した、ヤリ手男性の体験談とヤレるコツを紹介します。
出会い系サイトの利用を検討している男性は是非参考にしてみて下さい。

1.出会い系サイトの利用状況(どれくらいの頻度で利用して、今まで何人くらいの女性と出会ったか等)




出会い系サイトは、1年くらい利用しています。
利用しているサイトは、Jメールメルパラハッピーメールの3つぐらいですが、メインはココです。

利用のペースは、1週間に1回くらいです。
あまり頻繁に使ってないのは、ポイントを購入する必要があるため、無駄使いをしたくないからです。

しかし、今まで出会えた女性は、20人くらいになります。
1ヵ月に1人から2人、多い時は4人と会えた事もあります。

利用して待ち合わせ場所へ行き会えなかったケースもありますが、会える確率としてはかなり高いと思います。

2.女性と会う約束を取り付けるまでの流れ(女性に送ったメッセージや、女性から返ってきたメッセージの内容など)




つい先日、出会えた女性は、お気に入りの出会い系サイトを利用しました。
このサイトは、エッチな女性が多いと評判で人気があります。

利用法は簡単で、プロフィール検索や掲示板の利用などが主です。
即会いやエッチ目的なら掲示板がよく、直球で女性にアプローチできるのが魅力です。

掲示板には、「アダルト出会い」と「メル友恋愛」がありますが、エッチな女性ならアダルト出会い掲示板がオススメです。

今回、複数の女性プロフィールから、メッセージを送った相手は21歳の看護婦になります。

「こんにちは、関西在住の平凡なおじさんです。休みの日が退屈でヒマしているので、遊び相手が欲しいです。拾ってくれるなら、映画でも見に行きませんか」と、メッセージしました。

すぐに、女性から返信が来て「おじさん映画好き。私も映画好きで結構1人で見に行ったりするよ」と、言ってきました。

続けて、「今度の日曜日、映画デートしようよ。○○って映画面白いらしいよ」と、送ります。

彼女は、「うん。いいよ」と、返信してきて私は、「じゃあ、メールアドレス交換しよう。待ち合わせ場所は、某駅近くの郵便局前で会おう」と、デートする約束が決まりました。

3.女性との待ち合わせ(場所や服装など)




出会い系サイトでのやりとりから、4日後の日曜日。
私は、看護婦の彼女とデートをするため準備を行います。
服装は少し悩みましたが、Tシャツにラフなジーンズにします。

昼1時に某郵便局前で待つ私は、少し緊張と不安があります。
来るかな? サイトのように可愛いかな? と妄想して待ちます。

約束1時を過ぎ10分が経った頃、彼女らしき人があらわれました。

私は、思い切って「○○さん。看護婦の?」と、声を掛けると「はい。そうです。□□さんですか?」と、出会い系の彼女でした。

彼女の顔は、掲示板プロフと比べてほとんど変わりなく満足できる感じです。
服装は、21歳らしくピンクの服に黒のスカートという組み合わせで、着飾った感じはなく、ラフなデートが楽しめると思いました。

4.女性とのやりとり(居酒屋、カラオケ、カフェなど)




私と彼女は、適当な会話をした後、映画館へ直行します。

某郵便局前から歩いて、5分ほどの場所に映画館はあります。
映画を見る前に、お菓子とジュースを購入すると席に着きます。
映画はあまり会話がいらないため、デートとして楽です。

映画が始まると、お互い無言でしたが、私は彼女の手を握りました。
彼女の手の温もりや鼓動が伝わってきて、映画より興奮してきます。
本当は、客が少なければ彼女にキスをしようと思いましたが、客が多かったので断念します。

映画が終わりに近づき、私は彼女に「この後、ホテルでカラオケをしてみない?」と、言ってみたら「カラオケあるの? 行ってみたい」と、乗ってきました。

映画館から出るとタクシーを使って、某郵便局前から15分ほど行ったホテル街へ直行しました。

5.行為の内容(どんなHをしたか等)




2度ほど利用した事があるラブホテルへ入ると、部屋へ向かいます。
ラブホテルは、何回利用しても緊張感がありドキドキします。

部屋へ入った私と彼女は、テレビを付けてカラオケを唄う事にします。
本音は、カラオケより早くエッチがしたいですが、焦らず紳士的な姿を見せる事で彼女を安心させます。
時間にして30分くらいカラオケを楽しみましたが、私の下半身は我慢の限界です。

「ちょっと風呂で体を洗うから」と、言い風呂場へ直行します。
風呂から出た私は彼女に、「風呂入ってきなよ。キレイな場所だよ」と、言うと彼女はうなずき風呂場へ行きました。

20分ほどしてから風呂場から出てきた彼女は、私を見て抱き着いてきました。
私は、その瞬間彼女にキスをしてエッチがのスタートします。

彼女の上着を脱がすと、白い肌が露出されて小ぶりな胸が登場します。
数回揉んだ後、乳首に吸い付き舌を動かしてみました。
彼女は、小さな喘ぎ声を出し始めます。

アソコに手をやると顔に似合わず毛深いのが印象的でした。
アソコに顔を埋めて、舐めて挙げると喘ぎ声が1段と大きくなります。

そして、勃起全開の性器を彼女の口へ持っていくと、おもむろに咥えて舐め始めました。
彼女は、舐める事が好きなようで激しい舌使いが快感を与えてくてます。

放出する前に、彼女の口から性器を抜きアソコヘ挿入をします。
若いだけあり締まりは良く、感度も敏感で悶える姿は感動ものです。

正常位から騎乗位、バックと体位を変えますが、騎乗位の腰振りは凄いの一言です。
前後左右に腰を振り、こんなに腰を動かす女性は経験がありません。

最後は、正常位で彼女の腹の上に白い液体を放出しました。
若い看護婦とのエッチは本当に気持ち良くて、今回もまた満足いく結果でした。

6.現在の女性との関係(まだ関係は続いているか終わったか等)




現在は看護婦の彼女とは交流がありません。
ホテルでエッチした後、「また会おうよ」と言ってみたら「割り切りで、今回だけにしよう」と、彼女が言ってきたからです。

出会い系は、割り切り目的の女性が多いのも特徴であり、その点を理解してアプローチする事が大事です。

今は別の女性とのエッチを楽しんでます。
もちろん、割り切りで。



【ミントC!Jメール】
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

21歳の性欲旺盛な女子大生と出会い系サイトで知り合った話

今回の記事では、出会い系サイトで知り合った女性とセックスすることに成功した、ヤリ手男性の体験談とヤレるコツを紹介します。
出会い系サイトの利用を検討している男性は是非参考にしてみて下さい。

1.出会い系サイトの利用状況(どれくらいの頻度で利用して、今まで何人くらいの女性と出会ったか等)


eroseku103.jpg

出会い系サイトはほぼ毎日利用しています。
平日はログインするだけで貰える無料ポイントの為に利用します。
そして、本気でアプローチしている女性がいる時にはひたすらメールで口説き落とします。
新しく女性を探す時は、仕事が休みになる土日に集中して利用しています。
今利用しているサイトに登録して約4年経ちますが、今までに30人以上と出会えています。
当然当たりハズレもありますが、中には本当に出会えて良かったと思える女性もいるので、これだけ長くサイトを利用しています。

2.女性と会う約束を取り付けるまでの流れ(女性に送ったメッセージや、女性から返ってきたメッセージの内容など)


eroseku125.jpg

まずはサイトのポイントの消費を出来るだけ抑える為に、ある程度仲良くなったら出来るだけ早くプライベートのLINEやメールでのやり取りに切り替える様にしました。
「もっと◯◯ちゃんと沢山話がしたい。だからLINEのID受け取って貰える?」
と切り出します。
「もう少し仲良くなってから」
もしくは、
「このままサイトのメールで続けよう」
と返事が帰って来た場合は自分に気が無いか、業者がポイントを消費させているか、またはサクラと私は判断しています。
今回出会うことができた女子大生の女の子は、
「一緒に食事でも行かない?」
とお誘いの連絡をしてみて、
「うん。行きた~い」
と返事をくれたので、一緒に食事に行くことができました。

3.女性との待ち合わせ(場所や服装など)


eroseku124.jpg

今回会った女子大生とは、上野駅の改札口での待ち合わせをしました。
できるだけ女性が行きやすい駅を選んだ方が気遣いができる印象を持ってくれるので、オススメします。
また、食事に行く際はできるだけオシャレなお店、そしてその後の展開を予想してホテルの位置は頭に入れておきました。
服装に関しては、特にこだわりはありません。
変に片寄った服装をしてしまうと、相手の女性の好き嫌いが出てきてしまうので、万人受けしそうな服装で行くようにしています。
ただし、清潔感は非常に重要で、女性もかなりそのポイントには目をつける傾向があります。
また、服装は普通でも、ワンポイントでいい時計をしていくと、ちょっと違った印象を与えることもできます。

4.女性とのやりとり(居酒屋、カラオケ、カフェなど)


eroseku107.jpg

食事に行った際の会話のやり取りは、始めは自己紹介から入りました。
出会い系サイトのプロフィールに書いてあった事を頭に入れつつ、出身地、家族、趣味などの話をしていきました。
約40分位談笑すると、相手の気もちょっとずつ緩んできた様なので、本題へ入りました。

「今回、この出会い系サイトに登録した本当の理由を聞いてもいいかな?」
そこで言われたのが、
「今は彼氏もいないし、遊んでくれる様な男友達も居ないんだよね。でも、女の子だって欲求不満になることはあるから、たまには男の人と割り切って遊びたい...みたいな感じ。」
そう言ってくれました。
「今晩、このままホテル行こうよ」
と誘うと、
「出来ればそのつもりで来たから、一緒に行こう。」
そう言ってくれたので、食事の後からホテルに行くことにしました。

5.行為の内容(どんなHをしたか等)


eroseku150

ホテルに行って、ますは一緒にシャワーを浴びました。
お互い初対面でいきなり裸を見せ合う状況だったので恥ずかしがっていましたが、途中からは体を洗いあったり、一緒に湯船に入ったりしながらイチャイチャしました。

そしてベッドに移動してエッチを開始します。
バスタオルを取って、お互い全裸になります。
そして抱き合いながらのキス。
初めは軽く唇を重ねて合わせる程度でしたが、徐々に激しさを増し、次第にディープキスへ移行。

その後はお互いの体を愛撫し合いました。
彼女の胸や割れ目を丁寧に舐めてあげて、それに答えるかの様に、私のアソコもくわえてもらいます。

最後は「ゴム無しでもいい?」
と私の問いかけに、やや返答に困っていましたが、
「う~ん、外に絶対出してくれるなら」
と言ってくれて、そのまま生本番突入です。

最後は胸の上に出して一回目のエッチ終了です。
エッチが終わった後に、一緒にシャワー浴びたのですが、そこでまた発情してしまって、2回戦を浴室で行いました。

その後はお互い疲れたこともあって、バスローブのみ着てベッドで寝ました。
翌朝、起きてからお互いの体を触り合っていたのですが、またムラムラしてきてしまい、そのまま朝もエッチをして、計3回もエッチをしてしまいました。

6.現在の女性との関係(まだ関係は続いているか終わったか等)


eroseku151


出会って2年が経ちますが、現在彼女との関係は終わっています。
半年くらいは会ってはエッチをする関係が続き、だいたい月に1~3回のペースで会っていたのですが、彼女から「彼氏が出来たから、もう会えなくなっちゃった」と突然連絡が来ました。
こちらとしても、割りきった関係で、あまり深追いはしないように心がけていましたし、その頃別の女性とも遊んでいたので、彼女の意向を受け入れました。
ですので、その連絡が来てすぐに関係は終ってしまいました。

今は別の女子大生と楽しいセフレライフを送っています!




【ミントC!Jメール】
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

世間を賑わせている有名難関私立大学のヤリサーの娘と中出しセックス

今回の子は、ココで見つけた子。

某有名難関私立大学に通う20歳になったばかりの女の子です。
(今何かと世間を騒がせていてる大学の広告研究会という名のヤリサーに所属している子です)

何やら仕送りとバイトだけでは生活が苦しくて「割り切り」に初挑戦とのこと。

何回かメールのやりとりをして、写メの交換をした。

そして、何度かアタックして、ようやく会う約束までこぎつけた。

条件や待ち合わせ場所を決めたらあとはやるだけ!



待ち合わせ当日。

会ってみると、写メ以上に可愛いかった。

肌がスベスベで、脚が細くてスタイルの良い綺麗な子だった。

身なりも小奇麗で、お金にもガツガツした様子はなく、性格が良いのかとてもにこやかに話す。朗らか、って感じ。

さすが良い大学に通っているだけはある。

援交をしていても育ちの良さが伺えました。



手を繋ぎながら、内心ウハウハのフル勃起でホテルのゲートをくぐった。

ホテルでは、彼女の条件通りゴムを着け、休憩時間いっぱい若い綺麗な身体を楽しんだ。

性感帯は乳首とクリちゃんのようで、弄ると「アンアンアン!」と部屋に響き渡るくらいの大声で喘いでいた。

フィニッシュは正常位でディープキスをしながらイカせたら、とろんとした目で「イッちゃった」と一言。

ここでもう一発やろうと思ったけど、情けないことに息子が勃たなかったので、次のチャンスを伺うことにした。



別れ際、「また会える?」と聞いてみたらあっさりOKだったので、LINEのIDを交換。

翌朝からちょこちょこLINEでやりとりしていたら、彼女からまた援助して欲しいとのこと。

そこで冗談めかして、

「ナマでも良いなら、いいよ!」

と返してみた。

すると、

「そろそろ生理なりそうだから大丈夫かな? 外に出してくれるならいいよ!」

ということで、生挿入OKに! ラッキー!

それがつい先日の雨の日のことだった。

そして、2度目の再開をして、前回同様に待ち合わせて即ホテルへ。


部屋に入るなりベッドに押し倒し、彼女のパンツをずらしてナマ挿入。

彼女は拒まなかったし、あそこはすでに受け入れ態勢ばっちしだったから、少なからず期待してたんじゃないかな?

チ○ポをズブズブと浅く入れては戻しを繰り返し、徐々に深く押しこんでいく。

何往復かのピストンの後、根本まで突き入れると、亀頭の先に子宮口の感触。

やっぱ生はいい~!

亀頭の先でマ○コの奥をグリグリと押してやると、それに合わせて彼女はいやらしい声を出す。

腰の動きを早めると、「うううあああ!お○っこ出そう~!!」と叫び、ビクビクと体を震わせながら軽くイッた様子。

時間はまだたっぷりあるので、いったん抜いてシャワーを浴びようということに。

バスルームでも生でハメてやった。

彼女の体を壁に押し付け、片脚を抱え上げるようにして前から挿入。

彼女の顔や首を舐めまわしながら、突き上げるように腰を打ちつける。

でっかいミラーがあったので、そこに手をつかせ立ちバックも。

俺は鏡越しに、女に俺の目を見させるのがお気に入り。

そういうのわかる人いないかな? 快感と恥じらいが入り混じった表情がたまらないんだよ。

そんな彼女の可愛い顔を見ていたら、危うく俺もイキそうになった。

が、まだ早いと歯をくいしばってガマンした。

実はちょっと漏れてたかもしれない(汗


風呂上がりは、体の火照りを冷ましながらベッドでイチャつくのが好きだ。

そのままの流れでフェラ。そして、69。

彼女はあまり慣れていないのか、しゃぶり方がぎこちない。

変に指摘して気まずくなってもアレなので、適当に遮って挿入へ。

プリっとしたマンコの感触を先っちょに感じつつ、ゆっくりと進入。

そこからはじっくり時間をかけて、エッチを楽しんだ。

彼女は何度もイッていたな。

…女は何度もイケてうらやましいぜ。

部屋に入ってから、2時間くらいがたったころ、

彼女の可愛い顔を見ながら腰を動かしていると、

「んだめぇぇぇ!またイッちゃうぅぅー」とその日何度目かの絶頂宣言。

俺も疲れてきてたし、彼女がイクのに合わせ出そうかと腰の回転を速めていく。

あえぎまくってる彼女に、意地悪のつもりで

「どこに出したらいい~?」と尋ねると、

「お、ぁ、ぉ、なか、ぉ、なかにっ!」と声にならない声で必死に訴えていた(笑)

中出しの了解を得られたので思いっきり奥で発射。

若い女の膣内に射精するって、体だけじゃなく、精神的にも快感。たまらない。

彼女も「ぁあ~ん!ドクッドクッってするぅぅ」と中出しされて喜んでた。

ケツ筋を締め、最後の一滴まで膣内に注ぎ込む。

あーー、後腐れない中出しって最高だわ!

しばらく挿入したまま余韻を味わっていたが、半立ちになったところでチンポを抜く。

するとそれまで荒い息をついていた彼女が、

「おなかに出して、って言ったのにぃ!」と文句。

???

なるほど…「ぉ、なか」は「おなか」の意味で、外出しが希望だったのね。

予定外の中出しが、彼女にとっても相当気持ち良かったようで、「ごめんね~」と謝ったらあっさり許してくれたから良かった。

たった1万円でこんな可愛い子に中出しできるなんて最高!

それに、高学歴の良家の娘っぽいから、そんな子を犯せる優越感も堪らなかった。

これからしばらくは、この子にお世話になりそうだ。

あーでも、次回は中出しさせてくれんだろうなぁ~。



今時は、地方から出てきたぼっちの女子大生が釣れやすいから次もココで女を釣ろうと思う。

最近は出会い系の敷居も低くなって、若い女もSNS感覚で登録してるからこれからの出会いが楽しみで仕方ない。




別れ際にディープキスをして、「次も中出ししてもいい?」 と聞いたら、

「安全日ならね!」と顔を赤くして、照れた感じで言われた。

愛おしくて、もう一発やろうと思ったけど、やっぱりまた勃たなかったので、次回のお楽しみにすることにした。



ハッピーメールバナー

【ハッピーメール】
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

出会い系女子とエッチな温泉旅行!ツーリングデートからのエッチな体験談

里奈と知り合ったのは、雑誌に載っていたこのサイトがきっかけだった。

その時は、多忙な仕事の息抜き程度のつもりだったので、あまり会う事までは考えておらず、趣味のバイクと温泉の話ができればいいな…程度の気持ちで登録した。

登録した翌日にメールをくれたのが里奈だった。
里奈は大学4回生だったので21歳だったと思う。
趣味が同じだった事もあって結構すぐに仲良くなり、2週間くらいで一緒にツーリングする仲になった。

初めて会った里奈はメールの印象通りボーイッシュな感じ。
美人系ではなく可愛いタイプ。
肩に少しかかる位のショートヘア、身長は150cm代後半(160cm弱)位はあるが、体型はかなり細い。
その小柄な身体で某1200ccネイキッドをそこそこ上手に乗りこなしていた。

その後も2回程一緒に走って、メールのやり取りを重ねているうちに九州の温泉の話になった。


俺はそれまで職場がちょっと忙しく、休日出勤の代休や年次有給が溜まりまくっていた為、9月に日・祝日をからめて8日間の連休をもらえる事になっていて、その時に九州に行くつもりだった。
そこで半分以上冗談のつもりで「里奈ちゃん、一緒に行かない(笑)?」と聞いてみたところ、何とOKの返事が出てしまった。
向こうは学生なので、往復のフェリー代は俺が持ってあげる事になったけど。

さすがに二人で泊りがけのツーリングともなれば、ナニかを期待するなという方が無理(笑)

でもそれまでは、本当に「ただの普通のツーリング友達」って雰囲気だったし、向こうもサバサバしてるから、そっち方面はあんまり考えて無いようにも思える。
まぁ一応初日だけは別々の部屋で宿を予約しておいて、その後は成り行きまかせって事に…。

そんなこんなで出発当日。仕事を早めに切り上げて、雨の降る中、とあるSAで待ち合わせ。
あいにくの雨はフェリーに乗ってからも激しく降り続き、里奈が少し憂鬱な顔をしていたので、ちょっとネタを振ってみた。

「俺の念力でこの雨止ませてみせるから、もし九州に上陸した時に雨が止んでたら、一つ目の温泉(※貸切の露天風呂)にバスタオルだけで入ってきてくれる?」
駄目だったら昼飯に美味しい地鶏おごるから、と言うと、その賭けに乗ってきた。

でも、この時点で外は大雨。
俺自身もほとんど期待はしていなかったのだが…。

翌朝、別府港到着1時間前。
…雨止んでる。
それどころか薄日も差してる。


直感的に、エロ神が降りてきたと確信した(笑)


湯布院の街並やミルクロードの爽快な風景の中を走りながらも、頭の半分位はその後の温泉が占めていた。

昼過ぎ位に目的地の某温泉へ到着。
20分程先客があがってくるのを待つ間、里奈が恥ずかしそうな顔をしている。

その顔を見て「…あのさ、昨夜の賭けは半分冗談だったから…水着でもいいよー」とか言ってしまう莫迦な俺。

頭の中でもう一人の俺が『おまえ何言ってんだよ!』と暴れていたが、結果的にはこの一言が好印象を与えたのか、順番が回ってきた後、里奈はちゃんとバスタオル姿で入ってきた。
入る時とあがる時の「あっち向いてて」というお願いは聞いたが、正直一緒に入ってる間ずっと白い手足や濡れたタオル越しの体のラインに勃起しっぱなしだった。

その後風呂から出て服を着る時、壁一枚向こうにいる里奈に「しまった、先に来て壁に穴空けとけばよかった」等と莫迦話しながら冗談で壁をさぐる…。
が、空いているわけないですよねー。
しぼんでいく息子にエールを送って温泉を出ました。

翌日は朝から阿蘇の有名な某混浴温泉に。
昨日で吹っ切れたのか、里奈は今日もバスタオルのみ。

周りのおばちゃん方に「湯舟の底に溜まった泥を塗ると、お肌がツルツルになるよ」と言われたので、早速顔や腕に塗る里奈…が、片手でしっかりバスタオルの端を押さえていたので、上手く塗れないらしい。
そこで「仕方ないな」とか言いつつ、うなじから背中や肩から鎖骨のあたりに俺が塗ってあげる事に。
…柔らかい感触に、またもや反応してしまいそうに…昨日と違って今日は周りの眼があるのでヤバい。

その後ループ橋やえびの高原の温泉等に寄ってから、今夜の宿泊予定地の宮崎市内へ。
夕方から降り出した雨の中を走り続けたので、PM7時頃に宮崎駅に到着した頃には二人ともヘトヘト。

駅から電話帳で探したロッジ風のホテルへTELした時に、横の里奈に聞こえるようにツインの部屋を予約した。
…里奈は何も言わない。
これで期待は最高潮へ。

部屋に荷物を置いて、近くのファミレスで夕食を取った後、コンビニでお酒を仕入れて戻ってくる。
別々にシャワーで汗を流した後、飲みながら話しているうち、疲れが出たのか里奈がうつらうつらし始めた。

(…おいこら、寝るなよ!これからが大事なんだろうが!)という心の声とは裏腹に「大丈夫?今日は疲れちゃったし、少し横になっておく?」と声をかける。
里奈はただ眠いのかそれともお酒に酔っているのか、椅子に座ったままフニャフニャになっているので、仕方なくお姫さま抱っこでベッドに運ぶと、俺の首に腕を回して軽く抱きつくような格好になった。
(…これは、その…多分、いいって事だよな。うん)
こっちはもうすっかりその気でベッドに里奈を横たえる…途端に聞こえる、里奈の寝息…寝やがった…。

俺は悲しくなり、再び勃起した息子にエールを送った。

しかし、それから1時間程で里奈は眼を覚ました。

そして、寝起きの里奈と同じベッドに座ってTVを見ている時に、このままでは終われないとばかりに「里奈ちゃんって、ここくすぐったい?」とか言いながら、脇腹や脚やらを触りまくってみた(笑)

意外にも里奈は全く嫌な顔はしなかった。
むしろ楽しんでる?

見ていた番組も終わり、日付けも変わった頃。
「それじゃおやすみ」と里奈がそのまま横たわる。

…なんでや!
心の中で叫んだ。

そして、俺は仕方なく「おやすみ」と言いながらも、もう一押ししてみることにした。

そのまま里奈の隣で横になり、布団を被る。
「え、一緒に寝るつもり?」とか言ってる里奈をあしらい、いよいよ本題。

「…あのね、さっきの…里奈ちゃんのくすぐったい所、わかったよー」
「え、何言ってるの?(笑)」

Tシャツの裾からするすると左手を入れる。
「…ここでしょ?」
小振りな胸を撫でるように触る。

「え、ちょっと…」
恥ずかしそうに顔を紅潮させる里奈。
でも、嫌がっている感じはしなかった。
これはイケる。

「本当?我慢してるんでしょー」
と言いつつ、今度は両手で…。
「…あ、何か手入ってきてるし…触ってる」
非難にも取れる台詞。だけど抵抗は無い。

「手じゃダメなのかなぁ…それじゃあ、と」
そのままTシャツを捲り上げる。
小振りな胸とその先端が露になる。

先端を左右交互に口に含み、舌で転がす。
里奈の「…ん…くぅ…」という声が微かに漏れ出す。

しばらく胸を弄んでから、一度上体を起こしてもらい、Tシャツを脱がすついでにキスする。

…そう言えば先に胸触ったのにまだキスしてなかったなーなどと、なぜかここで一瞬冷静になった。

そして里奈のジーンズのホックに手をかける…と、ここで初めて少し抵抗らしきものがあった。
「どうしたの?」
「…あのね、ちょっと恥ずかしいかも…」
ここまで来て今さら恥ずかしいも何もなさそうなものだが…と思いながら、何とかジーンズを脱がし、あまり色気の無いシンプルなショーツを脱がす。

あらためて見る里奈の身体は、かなり細くて胸も無いし、正直あまりスタイルがいい方ではないと思う。
…思うが、それでもかなり興奮した。
バイクに乗ってる時とは全然違う“女”を感じた。

全身を触り、舐め、弄り、少しづつ高めていく。
今まで聞いた事もなかった里奈のワンオクターブ上の声。
恥ずかしさからか、大事な所だけは舐めるのを拒否されたので、指で丁寧に弄くって濡らしていく。

かなり高めたところで、こっちももう我慢の限界。
里奈の脚を広げ、正常位で繋がっていく。

ツーリング前に一応用意しておいたゴムを荷物から取り出すタイミングが無かったので、そのまま生で…。
隣の部屋に声が漏れるのを恥ずかしがってか「…ふ…くぅん……ひゃ…ぁうぅ……」と、声はかなり控えめ。

お酒のせいか、我慢できなくて昨夜オナニーしたせいか、いつもは早めな俺がかなり余裕をもっていろいろな形で楽しめた。

1R目は正常位で放出。
2R目は里奈から積極的にフェラしてきたり、上になって腰を使ったりしてきた。

前の男に教育されたのかかなり上手で、たった2回で最後の一滴までしぼり取られた感じだった。

さすがに眠くなってきたので、2R目が終わってすぐにそのまま眠りに落ちた。
眠る直前、里奈がポツリと「…赤ちゃんできちゃうかもぉ」とか言ってたのをうっすら覚えている。

eroseku78


翌日からも九州ツーリングを続け、里奈とは2日後にもHしたが、旅行直後にちょっとした事でケンカ別れした。
バイクショップ経由の噂で、就職できなくて田舎に帰った所までは知っているが、その後は消息不明。
良い子だったし、エッチ抜きにしてもまた会いたいな。
会ったらまたしたくなるんだろうけど。






【ミントC!Jメール】
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:素人 | GENRE:アダルト | TAGS:

彼氏持ちの女子大生と浮気エッチ!感度良好!セックス最高!

半年前のことですが、このサイトで知り合ったメル友の彩(山本彩似)と会うことになりました。

彩は都内の女子大に通い、毎日部活に励んでいる健康的な女の子です。
会う前に少し不安だったのは、彩に1年先輩の彼氏がいる事と、俺自信が結構いい年なので引かれないかな?という事でした。

それを彩に告げると、『じゃぁ、エッチなしでクンニだけして欲しいな』と言うのです(笑)
最近の若い子こわい!
もちろん、クンニしちゃいますけどね!

今まで付き合ってきた彼氏とのエッチは、『気持いいけどイッた事がない』『一度たっぷりとクンニされてみたい』と、メールで言っていたので、俺も年相応のテクニックでイカせてあげることを約束しました。

実際会ってみると、思っていたより可愛いくて細身の女の子で、ちょっとビックリしました。
『こんなオジサンで大丈夫?』と聞くと、
『全然OKだよー。思ってたより若く見えて、優しいお兄ちゃんみたい』と、嬉しい一言。


ホテルにINして、お風呂に入ってお互いの体を洗いっこしました。
広いバスタブの中でじゃれあって、彩の緊張をほぐしてあげ、いよいよベットに移動です。

バスローブに身を包んだ彩は、ちょっと恥ずかしそうに俺の隣に来てちょこんと座り下を向く。
俺は彩の背後に移動して、後ろからぎゅっと抱きしめます。
『アン・・・・』とかすかに彩の細い声が漏れる。
彩の柔らかい髪が俺の鼻にあたり、軽くうなじに唇をつける。
『ふぅん・・・・』と鼻からため息が出てきます。

そのまま右側の首筋にキスをして、舌をチロチロと這わせます。
『あぁっ』可愛い彩の声が、かすかに部屋に響きます。

少しずつ舌を耳に移動させ、耳たぶを口に含みました。
柔らかい感触がまた気持良い。

舌を耳の穴に、ちょっと差し込みます。
『あっ!ああっ!』彩は耳が感じるようです。
舌に唾液を少し絡ませ耳の入り口を舐めまたり、舌を硬くして耳の奥に舌を入れたりすると、彩の顔が上を向き声が高くなってきます。

彩の唇に俺の唇を重ねます。
最初は、彼氏がいるからキスはNGかな?
と、俺がちょっと遠慮気味にキスをしていたら、その態度に安心してくれたのか、彩の方から舌を入れてきました。

その彩の期待にこたえるように、舌を彩の舌に巻きつけます。
『ピチョッ、ピチョッ』と長いキスが続きます。
お互いの舌と唾液をひとしきり味わった二人は、ゆっくりと口を離すと、舌と舌の間を一瞬、銀色の唾液の糸が繋ぎます。

『なんかキス上手・・・・』という彩に『彩が上手なんだよ』というと、照れて俺にしがみついてきました。
バスローブの上から、小ぶりなバストを軽くマッサージすると、タオル地の生地が彩の乳首に程よくひっかかり、自然と硬くなっていきます。

バスローブを脱がせると、ダウンライトに映る彩の体が眩しく見えます。
俺は思わず乳首にむしゃぶりつきたくなるのを堪えて、今日はたっぷり焦らす作戦を取ろうと決めました。

乳首に触れないように気をつけて、バストを下から持ち上げるように軽く揉んで、舌は首筋から鎖骨のあたりをチロチロと舐め回します。
『あん、あん』という声を発するのと同時に、腰がクネクネし始めます。

次は、彩の両手を上げて、脇の下に舌を這わせます。
『ああっ!そこ、感じるぅ・・・・』ここが感じる女性は結構いますね。

ツルツルの脇の下を、触れるか触れないかくらいの刺激で舐めます。
『はァ・・・・ん』次は、くるくると舌を回して刺激すると、『あ・・・・あっ・・・・ン・・・・あぁ・・・・』と感じているようです。

俺の舌は脇の下を離れ、手の指先にツツーと移動します。
リングをつけている右手の薬指を口に含み、舌をウネウネとくねらせて唾液を絡め薬指と中指の間を舐め舐めします。
『あ・・・・あぁ・・・・あぅ・・・・っ』
キレイに磨いた爪の感触、細い彩の指がとても美味しく感じます。

ここまで舐め尽くして、ようやくバストを舐め始めます。
でも、すぐには乳首は舐めません。

わざとイジワルして、乳首の周り3cmくらいを舐め舐めします。
目の前には、コリコリになった彩のピンクがかった可愛い乳首が、張りのあるバストの頂点にちょこんと乗っています。

乳輪と肌色の部分の間を、何度も舌が行き来します。
ふと、ほっぺたが彩の乳首に触れます。
『ふぁっ!』思いがけない乳首への愛撫で、彩が声をあげます。

舌で、そっと乳首のヘリをつつきます。
『あぁん!あぁぁ・・・・』
乳首全体を口に含んで、舌で乳首を転がすようにコロコロと舐めます。

『あ、はァ・・・・うン・・・・き、気持ちイイ・・・・っ』
唾液に濡れた上向きの乳首が、さらに勃起したように見えます。

そんな彩の乳首を、ちゅぽ、ちゅぽ、と音を立てながら、優しく吸いましたそのまま舌を、わき腹から縦長で形のいいヘソに這わせます。
もうどこを舐めても体がビクン、ビクンとなり、体中の感度が高まっているのがわかります。


ヘソのずっと下に舌をやると、やわらかな陰毛の感触が伝わります。
まだ両脚は閉じたままの上体で、陰部の上部を舐め回し、陰毛を数本舌に絡めて味わいます。
両脚をそっとひろげると、彩のそこは自らが分泌した蜜に濡れて、キラキラと光を反射させていました。
脚の付け根までびっしょりになっています。

『すごい、びっしょりだよ』というと、
『恥ずかしい・・・・』と脚を閉じようとしたけど、ガッと両脚首を掴んで、M字開脚にさせました。
『ひゃん!だめ!』と言うと同時に、右脚の付け根にキスをしました。
『あぅっ!ああ・・・・』
スベスベの彩の肌にヌルヌルの愛液が伝わり、エロッチックな光景です。

中心に目をやると、ほころびたランの花のような肉襞が、何かを待ちわびる様に息づいています。
『すごいよ・・・・もうトロトロになっている』という言葉の愛撫で『いやぁん!見ないでぇー!』と恥らう毎に膣口から次の蜜が溢れます。
その蜜を舌ですくい取り、口の中に広がる酸味を感じながら、柔らかな肉襞の間を舌先でえぐるようにします。

『ああっ・・・・○○さぁん!』
彩の声が甘く濡れていくのを嬉しく思いながら、俺はますます熱心にその部分を舐めしゃぶりました。

彩の花びらはますます柔らかくほころびとろとろと熱い蜜を溢れさせています。
『あン・・・・ンああ・・・・あぅ、ン、んぅン・・・・あっ、あっ、あっ・・・・!』
次第に声のトーンをあげながら彩は、ぎゅっ、とシーツを握り締めました。

舌先で花びらの両側をまさぐり、下に移動します。
『ひあああああッ!』
アナルと膣口の間に舌を這わせると、彩がひときわ高い声をあげました。

『ここも気持いいの?』と聞くと、うん、うんと首を縦にふり、声にならない回答を得ました。
舌を硬く尖らせて、アナルの中心に向かわせます。

『あっ!はぁーん!』
アナルの皺の一つ一つをていねいに舐め回し、いよいよ奥に突き進みます。
『は、あーん!いやだぁー!そこは・・・・』でも、舌の突入は止めません。

俺の舌は長いので、彩の体温が感じられる部分まで、届いた時『きゃぁ!あっ!んんン・・・・ッ!』とひときわ高く鳴きました。
『はぁ。はぁっっ・・・・』と息も荒くなってきて、いよいよクンニストである俺のテクニックを披露する時が来ました!(笑)
左手を彩の右足の下に入れ、手前に回して花びらの上部をまさぐり、クリトリスを探しました。

左手の人差し指と中指で、陰部を広げると、『ニョキッ!』と可愛らしい快楽の小突起が顔を出しました。
『あぁッ!』
敏感なその部分を剥き出しにされ、悲鳴混じりの声をあげました。

まだ、触ってもいないのに、クリトリスの皮が剥けたことで、快感の予感が彩の体中に押し寄せて来たのでしょうか。
そーっと舌を、クリトリスの横に這わせます。

『あ、ああッ!あッ!んああアーッ!』
早くクリトリスを舐めて欲しいのでしょうか、彩のお尻が宙に浮き始め、クリトリスが俺の舌に当たるように腰を動かして追っかけてきます。
でもそうはさせじと、俺もイジワルしてクリトリスから舌を遠ざけます。

そんな追いかけっこをしていると、またさらに膣口から新しい蜜が溢れてきます。
それを、また味わい、クリトリスの周りを舐めます。

『ねぇ・・・・早く・・・・』彩がおねだりしてきます。
『早くどうするの?』イジワルなオジサンは聞きます。
『早く舐めて・・・・』
『さっきから、舐めているよ?』
『そうじゃなくって・・・・』
『どこを舐めて欲しいの?』
『クリちゃんを舐めて欲しい・・・・』
『彩はエッチなコだなぁ』
『だってぇ・・・・』
『じゃぁ、舐めるよ?』
『うん・・・・』

期待に、胸の鼓動がドキドキしているのが、手にとるようにわかります。
舌をクリトリスの頂点に、そっと触れます。

『ふぁっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っ???』
でも、舌は動かしません。
クリトリスに軽く押さえつけた舌は、そのまま次の命令が来るまで、じっと待機しています。

『いやーん!』泣き出しそうになる彩をなだめるように、少し舌を上にスライドさせます。
『ああっ!・・・・あっ!』彩はやっと、快感の波に飲まれて、嬉しそうな声を上げます。
舌を下から上、上から下にチロチロと上下させます。

『ンあああっ・・・・あ・・・・ひあああン』
クリトリスがさらに大きく勃起したように感じられます。
舌の表側のざらざらした部分で、ジョリッ、ジョリッと激しく舐め、彩が昂ってくると今度は舌の裏側のヌルヌルした部分で、クリトリスをそーっとなでなでするコトを繰り返して、どんどん彩を快感の渦に追い込んでいきます。

そんなコトを繰り返していると、ちょっとしたミスで歯がクリトリスにコリッと触れてしまいました。
『あッ!ああッ!』痛いのかな? と思ったけど、何やら感じている様子。
思いがけない性感の発見に、いいコトを思いつきました。
両手で、剥き出しにされたクリトリスの周りをぎゅっと押さえつけて、さらに突起するようにした状態で、かるく甘噛みしてみました。

『きゃぁ!ああああぁー!』これはすごい!今までに無い感度です。
きゅッと噛んで、舌でチロチロ、またきゅッと噛んで、チロチロ・・・・
『はぁッ!あぁッッ!・・・・くぅッ!』

そして、どれくらいこうしていたでしょうか。
『ン・・・・ダ、ダメ・・・・もう、もうダメぇ・・・・っ!』
ひくっ、ひくっ、とうねる彩の体を押さえつけるようにしながら、唇に挟んだクリトリスを吸引しました。

びくん!と彩の細い裸体が痙攣しました。
『あッ!あッ!あッ!ンああああああああああああああああーッ!』
絶頂の声が、部屋中に響き渡りました。
そして、宙に浮いたその可愛いお尻が、ひくひくと震えた後、すとん、とシーツの上に落ちました。
ひくん、ひくん、という痙攣が、彩の体を伝わります。

『ふあぁぁ・・・・はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・・』
彩は、目を閉じたまま、小刻みな呼吸を繰り返しています。
『え・・・・彩ちゃん・・・・?』心配そうに、彩の顔をのぞき込むと、彩はうっすらと目を開けて、それから俺の首に両腕を絡みつけました。
『すっごい・・・・。こんなの初めて・・・・』
『イッちゃったの?』
『う・・・・ん・・・・』
うるうると潤んだ瞳を俺に向けて、情熱的なキスを求めて来ました。

長いキスを交わして、右手を彩の今達したばかりの部分にやります。
『く・・・・ちゅ・・・・くちゅ・・・・』
そうです。今のキスで、また蜜が溢れてきたのです。

そのまま中指を彩の膣奥深くに入れて、上のざらざらした部分をまさぐります。
『すごく熱い・・・・』と言うと、『ああん。あん・・・・』と声で答えます。

指を二本入れ、Gスポットを軽くマッサージすると、イッたばかりで敏感になっているのでしょうか、『あっ!あああっ!ま・・・・た、また来ちゃうよぉ!』と、1分もしないうちに達してしまいました。
それでもまだ快感の波は襲ってきます。

さらに指でピストン運動を開始させると、急に、
『オ、オチンチンっ・・・・○○さんのオチンチン欲しいっ!』
『い・・・・いいの?』
『いいの!はやく来て!』

素早くゴムを着けて、彩の膣内にずぶずぶとペニスを挿入させます。
『・・・・ンあああああッ!あ、熱いぃッ!』
彩が高い声をあげながら、背中を弓なりに反らします。

そんな彩の靡肉が、きゅるきゅるとペニスに絡みついてきました。
狭い膣内に、ペニスを根元まで埋め込み、中の感触をじっくりと味わいます。

『どんな感じ?彩』
『あア・・・・。○○さぁん・・・・』
『言わないと、抜いちゃうよ?』と言いながら、ずりずりとペニスを引き抜いていきます。
『ああン!いやア!言う、言うからっ!』
きゅっ、と膣肉を締めつけ、ペニスを逃すまいとしながら、彩が慌てた声をあげます。

『どうなの?』
『お、おっきくて・・・・熱くて・・・・すごく、感じちゃう・・・・ああっっ!』
両脚を肩に持ち上げて、さらに奥に到達するように、ぐん、とペニスを突き込みます。
『ひああああああッ!』
『ほら……こうすると、もっと気持ちいいでしょ?』
反り返ったペニスで抽送を繰り返しながら訊くと、彩は、こくこくと肯きました。

『すごいよ彩。彩の中熱くてぐちゅぐちゅで、融けちゃいそう・・・・』
『やン、やあン!』

そう言いながらも、彩も下から腰を突き上げてきます。
『いっしょに・・・・来て・・・・○○さぁん・・・・』
そう言いながら、彩は、きゅううっ、と膣肉を収縮させました。
『あああッ!』
ついつい、俺としたことが、凄まじい快感に声をあげてしまいました。

彩のその部分が、まるで独立した生き物のようにざわざわと動きました。
彩の膣内の肉襞が、何千もの微細な舌となって、ペニスの表面をこそぐように刺激します。

『す、すごい・・・・!あっ!ああッ!ンああぁっ!』
ますます、スピードアップしていく腰の動きに、お互い悲鳴のような声を上げ続けます。
ぐううっ、とペニスがひときわ膨張したように感じられた時・・・・。

『イ・・・・ク・・・・っ!』熱い体液が、出口に向かって殺到してきました。
『あ、あッ!ああああアーッ!』粘度の高い白濁液が尿道をかけ抜け、ペニスの先端から勢いよく放出されました。

彩は、びゅく!びゅく!と、ペニスが自分の体内で暴れているのを感じ、『ああああああアっ』ゴムの中とはいえ、体の中で迸る感触に、歓喜の声を上げました。
『イ、イク・・・・イっちゃうの・・・・イっクううううううううゥーっ!』
俺の背中に爪を立てるようにしながら、両腕でしがみついてきました。

びくん、びくん、と彩の体が痙攣して二人の動きが止まり、つい先ほどの淫らな嬌声が嘘のように、部屋は静寂を取り戻しました。
『あ・・・・は・・・・あぁ・・・・はぁ・・・・っ』
しばらくして、忘れていた呼吸を思い出したように二人は息を整えました。
そして、快楽に潤んだ瞳で、お互いを見つめ合いました。

eroseku74


帰り際に、『また、今度、しようね♪』と明るく手を振ってくれた彩だけど、2日後のメールで、『やっぱり彼氏とのエッチを大切にしたいからもう会わない』って・・・・。

女の子は、よくわかんないよね。
また、エッチ体験したいコを探そうかな。




ハッピーメールバナー

【ハッピーメール】
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!




↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:素人 | GENRE:アダルト | TAGS: