【公式】 Jメール 【PR】

登録から2週間で「セックスできる確率82%」の快楽SNS ※セフレ持ちの友達が登録した結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

神待ち女子大生と大人の交際!割り切りのはずが気持ちよすぎて朝までセックス

掲示板に援助交際を希望している女性が待機していた。幸運にも入室することが出来た。
女子大生といっていた。俺とはかなりの年齢差があった。彼女から年齢差は関係ないという、嬉しい返事が返ってきた。¥2ということで話しは成立。

 夜の10時に待ち合わせ。時間通りに彼女が現れた。えっ、マジかよ・・・ 女子高生か、女子大生かわからない。しかし、想像以上に清楚な感じで、援助交際をするような女の子には見えなかった。
「本当にエッチをしちゃうよ。いいの?」
 俺は思わずそう言っていた。
「はい、お願いします。どうしてもお金が必要なんです」
 池袋のラブホテルに入った。彼女はシャワーを浴び終え、バスタオルを巻いた姿でベッドに入ってきた。
 キスをし、舌を差し込んだ。彼女は嫌がらずに、舌を絡みつけてきた。胸は小ぶりで、乳首も小さい。その小さな乳首に舌を這わせた。
「アアーッ・・・」
 形の整っている唇から甘い吐息が洩れてきた。クリトリスが敏感だということをチャット言っていた。俺は舌を脇腹から陰部に向けて滑らせた。バスタオルを剥ぐと、白い小さなパンティが目に飛び込んできた。パンティの脇から陰毛がはみ出している。
 パンティの脇を持ち上げ、陰部を覗いた。割れ目からはうっすらと愛液が滲み出ていた。パンティの両脇に手を当てると、彼女は腰を浮かした。彼女を全裸にした。清楚な顔には似合わない、黒々とした陰毛が現れた。俺の股間は堅く起立していた。
「クリトリスが敏感で、舐められるのだ好き」
 チャットでそう言っていた。俺は舐める愛撫が好きだ。割れ目を拡げ、陰部を丁寧に舐め回してからクリトリスに舌を当てた。
「ヒーッ・・・」
 彼女は悲鳴に近いような声を上げた。陰部が収縮している。クリトリスが堅くなっていた。丹念に、優しく舐めた。俺の唇に彼女の陰部の律動が伝わってくる。その動きが大きくなった。
「気持ちいい・・・。すごくいいの・・・。イク、イク、イっちゃうぅー!」
 彼女の身体が弓なりに反り返り、ストンと腰を落とした。彼女の身体は敏感で何度も舌の愛撫で絶頂を迎えた。30分も舐め続けただろうか・・・。
「もう欲しいの、入れて」
 コンドームを装着し、挿入。
「アアーッ・・・いい・・・ぴったりと嵌っている」
 根元まで埋め込み、腰を打ち込んだ。彼女の両手が俺の腰に回された。腰を動かすたびにグチョグチョという卑猥な音が聞こえてくる。
「どこが気持ちいいのかを教えて」
「お・・・が気持ちいいの」
「お・・・じゃわからないよ。ちゃんとおしえなさい」
「おまんこが気持ちいいの、もっと突いて」
 彼女を貫きながら、耳元で卑猥なこと囁いた。
「だめっ、そんなことを言ったら感じすぎるぅ・・・またイっちゃうのよ。イクわ、イク、イク、イクーっ」
 彼女は舌と男根で何度も絶頂へと登り詰めた。
「一緒に気持ちよくなって・・・一緒にイキたいわ」
 彼女は荒い息を吐きながらそう言った。俺も限界が近づいていた。
「出すよ。一緒にイこうね」
 彼女を強く抱き締めて、腰を激しく動かした。
「だめー、イキそう」
「まって、一緒にイこう」
「早くきて、お願い・・・」
「イクよっ」
「ああ、わたしもイキそうよ」
「出すよ。イっちゃよ」
「いい、いいっ、わたしもイクわ」
「イクっ、出すよ」
「いいっ、たくさん出して、おまんこにたくさん出して」
 爆ぜた。
 精液がドクドクと溢れ出た。その度に男根が彼女の中で飛び跳ねる。
「いいっ・・・すごい・・・ああー、気持ちいい」
 彼女の陰部が男根を包み込み、収縮を繰り返している。両手は俺をしっかっりと抱き締めている。
「もう下半身に力が入らないわ。今夜は泊まっちゃう」
 快感の余韻を味わいながらふたりで横になっていると、彼女は俺に抱きついてきて、そう言った。金曜日の夜のことで、土曜日は会社も休みである。俺たちは抱き合いながら眠りについた。
 翌朝、彼女に¥2を渡し、マックで朝食をした。彼女は清楚な女の子に戻っていた。
 
eroseku69


俺は清楚な容姿の裏側に隠されている彼女の淫らな姿を思い浮かべ、再び勃起してしていた。
「また会ってくれる?」
 俺は携帯のアドレスを書いて渡した。
 初めての援助交際。最高の夜であった。



ハッピーメールバナー

【ハッピーメール】
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:こんなかわいい子が・・・ | GENRE:アダルト | TAGS:

エッチが気持ちよくない?出会い系のエロい女子大生をカーセックスでイカせた話

ヤリサーの友達から教えてもらったココで、女子大生と知り合った。
名前はアイという。

最初は他愛もないメールをしていましたがそこは若い男女、
だんだんと「彼氏はいるの?」からはじまって「エッチしたことある?」 といった話題になった。

どうやらアイは半年ほど前に数回ほどエッチをしたことがあるそうで、
相手はすでに別れた先輩らしい。
エッチ自体はあまり気持ちよくなかったとか、フェラも少しだけしたことあるとか、そんなことを告白してきた。

「エッチはオトコの方が気持ちよさそうだよね?」とメールで聞かれたので少し迷ったが、正直に、「したことない」と白状。
その後も別に変わる様子もなく、メールをくれた。
ある時、僕から「会いたい」とメールしたところ、「写真お互い送ろうよ」ということになった。
今であれば写メだろうが、そのころはまだなく、写真を送ることになった。

その当時でも、メールで知り合った相手に住所を教えるといったことはなかなかしなかったが、「先に送ってください」とアイがあっさり住所を教えてきたので、一人暮らしのアパートの住所と写真を送った。

3日後くらいに返ってきた封筒にはごくごく普通の女子高生の写真が入っており、
その後の電話ではお互い「思ったより普通だね」と感想を言い合った。
その後の展開は早く、次の土曜日の夕方にアイの近所で映画に行くことになった。

当日、中古車に乗って40分ほど郊外へ向かって走った。
メールで教えてもらったコンビニの駐車場まで行くと、周りは畑、田んぼも目立つような場所だった。
そこには約束通り女の子が立っていた。

アイは「髪は黒くないと学校でうるさいの」といいながら、言い訳するように車に乗り込んできた。
そういえば写真では茶髪だったなと言うと、去年の夏休みの写真とのこと。
服は白っぽいパーカーにデニムのスカート。郊外のイトーヨーカドーや、ジャスコにいるような感じだ。
確かに髪の毛は黒く、前髪が長く目に入るんじゃないかなというくらいだった。
特別目立つような顔ではなく、目は細め。今思えば元モー娘。の辻希美系だった。
あくまで「系」であり、つまりはそれほど美形ではなく、普通の高校生だ。

映画館につくと、適当な洋画を選んでもらい、お菓子とジュースを買って映画をみた。
映画の内容はほとんど覚えていないが、上映中は勇気を振り絞って手をつないだら、
おもったより暖かい手で握りかえしてくれた。

車で元のコンビニ駐車場の近くに戻ると、「もうすこし話しをしよう」と、どちらからともなく言って、少し離れた空き地に車を止めた。空き地は田んぼに囲まれていて、おそらく農家が作業をするための田んぼに一部作った場所のようだった。
周りはすでに日が暮れている。

しばらく車のなかで話をしていると、だんだんと助手席と運転席の間が気になり、後部座席に二人で移動した。
移動すると、アイも少し覚悟をしたのか、自分からあまり話をしなくなった。

今まで女の子に触れたことがなかった僕はどうしていいかわからずに、手をつないだ後に、その手を引っ張り、アイをこちら側に倒した。
膝の上にアイの上半身が横たわり、「あっ」と声がしたが、かまわず上からキスをした。
たぶん、かなり乱暴だったんだと思うが、「ちょっとまって」と声がしたため、顔を離した。

アイは起き上がると、「引っ張らなくてもキスくらいできるよ」と言って自分からキスをしてきた。
僕はもう一度アイの体を引き寄せ、上半身を背中から抱き込むような体勢にした。
着ているものをたくし上げ、胸をまさぐった。
「小さいから・・・」と言っていた通り、
膨らみはわずかだったが、乳首を探り当てると、指でつまんだり、さわったりを続けた。
「なめてもいい?」と聞くと、頷いて答え、膝の上に向かい合うように動いてくれた。
アイの腕に頭を抱えられながら、左右の乳首をなめ続けた。
味も何もしなかったが夢中だった。

膝の上に乗るためにアイのスカートはまくれ上がっていた。僕はアイを座席に戻すと、一気にパンツの中に手を入れた。
最初、毛に触れている感じだったが、急ににゅるんという感覚になり、同時にアイは「んっ」と声を上げた。
しばらく割れ目に沿って中指でゆっくり上下させていたが、こりっという感覚があり、(クリトリスかな?) という感じがしたがあえて聞いてみた。
「これはなに??」「クリトリス。気持ちのいいところ。でもそのさわり方はちょっと痛いかな。ぬるぬるを優しく塗りつける感じで。」
ちょっと力を抜いて触ると、「そうそう」といいながら少しずつ息があがってきていた。

指も入れてみたが、どこまで入れていいかわからず、少し入れたところでやめてしまった。
「みてみたい」というと、「暗いからみえないよ?」いいながら、アイはパンツを脱いで足を開いた。
後部座席の窓の方向に頭、片足を座席の下に、もう片方をヘッドレストの方に動かした体勢だった。
初めてみる女の子のアソコは、アイの指摘通りほとんど何も見えなかったが、指で触った後、
無言でひたすらなめ続けた。僕の唾液もあったがさらに濡れてきた気もした。

ひとしきりなめた後、少し疲れた僕は顔をあげた。
「こんなになめてもらったのは初めて。」とアイは言ったが、お世辞半分だったかも知れない。
そのころ、僕のアソコは完全にジーンズの中で痛いくらいに膨らんでいた。
「僕も触ってほしい」というと「いいよ。○○クンも脱いで」と言った。

「大きいね」といいながら既にギンギンになったあそこを手でなではじめた。
僕が「前の彼氏より?」と聞くと、「うん。倍くらいある」と答えた。
前の彼氏よりは大きいのかも知れないが倍は言い過ぎだろうと聞くと、
「初めての相手で気がつかなかったけど、小さかったのかも」と言いながら、なで続けていた。
「口でしてあげようか?」といいながら、僕の答えを待たずに咥え始めた。
初めての快感に、数分で限界に達しそうになった。
「もういいよ・・・」と言ってやめてもらうと、
「大きいからちゃんと入るかな?コンドームないから、ちゃんと外で出してね」といって足を開いた。

僕はアイのあそこにち○こあてがい、入れようとしたが、どのように入れていいかわからない上、狭い車内だったため、なかなか入れることができなかった。
「もう少し上」「ちょっと痛い」などと繰り返すうちに、アイはもどかしくなったのか、手で僕のち○こを掴み、導き入れようとした。
しかし、握られたその刺激で、僕は我慢をこえてしまった。
「あっ・・」
「・・・でちゃったね。」
僕が呆然と精液を垂れ流していると、アイは「シートについちゃう」といってティッシュを取り出し、後始末を始めた。

「もう一回・・・」と僕が言うと、「まだカチカチだね。でも車の中じゃ狭いから、今度にしよ。」
とやんわりあきらめを口にした。
「まだできるよ?」と食い下がると、アイは「じゃあ、もう一回出したらすっきりするよね」
といって後部座席の扉を開け、外に出た。
扉を開けたままで僕の足を外に出す格好で座らせた。
アイは扉の外のすぐ近くにしゃがみこむと、手で僕のち○こを握り動かし始めた。
誰かにみられるんじゃないかと少し気になったが、そんなことよりも気持ちよさの方が勝っていた。
「これなら車は汚れないよ。今度は外に出しちゃいなよね」と手の動きを速めた。
2回目とはいえ、刺激に慣れていない僕は再び限界を迎えた。

「出る・・」
「いいよ」
「あぁ・・」
少しアイの手に付いてしまったが、精液のほとんどは空き地の草むらに落ちた。
「結構飛ぶんだね~。」アイは手を止めると、ティッシュで拭いてくれた。
「来週も会える?」と聞くと、「いいよ。次はホテルに行ってしようよ」と言ってくれた。

一週間が過ぎた。今度こそエッチできると思うと、長い長い一週間だった。
その土曜日も夕方に前回と同じコンビニでアイを車に乗せた。
「○○インターの近くに行こうよ」
アイは近くのホテル街に行きたいと言った。

当然のことながらラブホテルなどというものの経験のない僕はアイの言われるままに、ホテルを選び、駐車場に車を停めた。

「早く行こうよ。人にあったら恥ずかしいし。」アイは僕の手を引いて、暗い廊下を進み、
フロントへ着くと、部屋を選び始めた。
「どこでもいいよ」とアイに言われたものの、決まらずに迷っていると、
「じゃあこれ」といって一つの部屋を指さした。
言われるままにボタンをおして、指定された部屋に行った。
何もかも初めてで戸惑っていると、「ちょっといやらしい部屋だったね」と
言い訳するようにアイは言った。
今思えばラブホとしては平均的な内装だと思うが、確かにピンク色の照明に、ダブルベッド、枕元のコンドームはそれだけでも刺激的だった。

そのころは風呂には一緒に入るという発想自体がなかった。
先に僕が入り、アイがその後すぐに入った。
アイが風呂に入っている間、一週間ぶりに訪れた緊張をほぐすように、まじめにニュースを見たりして、ベッドの中で待っていた。

「出たよ」
アイはベッドの近くに寄ると、「入ってもいい?」聞いた。
タオルを胸から巻いていたのでその場で取ってしまいたかったが、僕は「いいよ」と答えるだけで、なにもできなかった。

アイは隣に潜り込むと、「緊張してるでしょ?」と言った。
「うん・・少し」
「キスしよ」
抱きつくとアイは自分から口をつけてきた。
一週間前も同じようなことをしたが、今度は広いベッドで、既に二人とも裸だった。

「先になめてあげるね」
僕を寝かせて足下にうずくまると
ゆっくり舐めはじめた。抱き合っている時点で既に勃起していたが、
咥えられ、頭を上下するアイをみていると、さらに興奮した。
「もういいよ」と僕が言うと、アイはベッドに座り込み、上半身を起こして言った。
「僕もアイのアソコ見たい」
「本当は暗い方がいいんだけど。この前うまくいかなかったから、明るいまま見てもいいよ」
アイは体操座りから足を開いて膝を抱えるような体勢になった。

「クリトリスはわかるよね?そこを舐めてもらうと気持ちいいの」
「うん」と言いながら僕は言われた通りに舐めた。
「気持ちいいよ。そしたら、その下に入れる穴があるから。そっちも触ってもいいよ」
「うん」
言われるがままに指で触った。ぬるっとした感触があった。
「あっ。優しくね・・」
僕はしばらく、舐めたり、指で触ったり入れたりを繰り返した。いつまででも舐めていられそうだった。
触っているだけでも僕は興奮し、ち○こからは汁がベッドに滴りおちていた。
「・・・そろそろ入れてよ。」さすがに自分から言うのは恥ずかしいのか、
かなり小さな声でアイは言った。

コンドームを取り出し、ぎこちない手つきでつけていると、アイはじっとその様子を見ていた。
前回の失敗があったため不安だったが、アイをベッドに寝かせると、正常位で挿入を試みた。
上半身をアイに完全に乗せていたためアイは苦しそうだった。
しかし、今回も「もっと上」とか「そこちょっと違う」と言われ、いろいろ動いてみたが、うまく入れることができなかった。

アイも前回入れる前に射精したことを覚えていたのか、手を出すことはしなかったが、
さすがに焦れたか「私が上になってもいい?」といってきた。
「・・・うん。ごめんね」といって体勢を入れ替えた。

アイは僕にまたがり、ち○こを手で軽く持つと、「やっぱりちょっと大きいね」といいながら、ゆっくりと腰を下ろしてきた。
アイもそれほどは慣れていないのか、いろいろなところにあてがって腰を上げたり降ろしたりを
繰り返していたが、突然、アイの「あっ」と言う声とにゅるんという感触の後、暖かいものに包まれた。

「入ってる?」と僕が確認をすると「うん・・・。入ってる。」といい、腰を前後に動かし始めた。
「ん、ん、ん」アイは気持ちよさそうだったが僕は慣れない動きに戸惑っていた。
その動きでは入れたり出したりの感触はなく、気持ちはいいものの、射精感は押し寄せてこなかった。
「今度は僕が上になるよ。」といって再び正常位に戻ると、今度はすぐに挿入できた。
腰を思うがままに動かすと、アイの喘ぎが聞こえ、すぐに僕は絶頂に達した。

「出る!」
「早いよ~」

アイに早いと言われても我慢できずにそのまま射精をした。
僕は恥ずかしくなり引き抜くコンドームを外し、ティッシュで拭いた。
アイは起き上がると、「もう一回する?」と言った。
まったく萎えずに勃起していたので「うん。」と答えると
「初めてだから仕方ないけど早すぎ・・」と言われた。

新しいコンドームをつけ、手でお○んこを確認した後に今度はすんなりと挿入した。
感触に少しはなれたので、ぎこちない動きながらも腰を振った。
アイも「ん、ん、ん、ん。」と動きにあわせ反応していたため
ここにきてようやくセックスしているという思いがわき上がってきた。
単調だったが飽きることなく正常位で動かし続けると、 アイの反応もだんだん大きくなってきた。
「○○君、気持ちよくなってきたよ」

「でちゃう」
「いいよ」
何分も持たなかったと思うが、再び絶頂感に襲われると我慢できずに射精した。
しばらくアイの中でゆっくりゆっくり動かすと、どくどくと精液が出た。

eroseku68


「1回目より良かったよ。女子学生とセックスできるなんて、幸せだね~」
アイはちょっと自慢げに言い、「お風呂に行こ」と続けた。
無事に童貞を卒業した僕は少しだけ余裕が出て、風呂の中ではアイの乳首をつついたり、お尻をなでたりした。
セックスもいいけど、こういうイチャイチャも堪らないですよね。





【ミントC!Jメール】
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!




↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:こんなかわいい子が・・・ | GENRE:アダルト | TAGS:

スーツ姿の巨乳ビッチOL!四つん這いで愛液トロトロの潮吹き女

久しぶりに、昔よく使ってた出会い系サイトを使って女漁りをしていると、「ぜひお話したいです!」とのメールが返ってきた(ちなみにこのときは女のジャンルは「秘密」でアプローチしました)。
「最初はお話だけでもいいですか?」との問いかけに、いつものように「勿論いいですよ」と答えておいた。
内心はその気は全くなく、当然味見はするつもり満々であったww

この女性(美奈子)は最近彼氏と別れたばかりで寂しさを埋めるために出会い系を始めたそうだ。
最初こそは、お互いにぎこちない会話をしていたが、打ち解けてくると下ネタも話すし、
(こんなサイトで知り合ったというのもあり)互いの性癖なんかも話す仲となっていたw
そして、メールを始めて2週間くらいしたところで仲良くなって実際に会うことになった。
会話の流れからこれは多分ヤレるww

数日後、駅前ビルで待ち合わせた。直前のメールで、
「申し訳ありません。仕事の都合で1時間ほど遅れますね」と伝えてきたので、
「イイよ。慌てないで。ゆっくり待っていますよ」と優しく返信しておいた。
その方が後の展開を有利に進められるからだw

そして、待つこと1時間。
やがてグラマラスでエッチな体をオフィスの制服で身を包んだ、清楚系OLが近づいてきた。
そそられる体と制服に思わず自慢の極太は臨戦態勢に入った。
「美奈子です、会社抜け出してきちゃいました」と明るい感じで声を掛けてきたので、
私もためらうことなく「こういうお話しなので…部屋でゆっくり話しませんか」とすぐに誘うと「そうですね」と素直にラブホテルに付いてきた。
もうこれで味見OKと言うことである。
展開の早さに、やはり根回しは大事だと心底思わされる。
会う約束の段階で美奈子もそのつもりで会うことを決めてくれていたのは分かってたしw

ホテルに着くなり、私はベッドに座り、美奈子は椅子に腰を掛けて向かい合いながら、
そっとお尻に手を回し「ここにおいで」と誘うと、美奈子は一瞬ためらいを見せたものの、素直に私の膝の上に座った。
そっと抱き寄せキスをすると抵抗なく受け入れ、ディープキスに移っても自ら舌を絡めて応じてきた。
制服のブラウスのボタンを外すと、黒のレースで縁取られたブラが見え、Dカップの白い乳房が目に飛び込んできた。
それをそっと揉みしだき、すぐに乳首を探り当ててつまむと「あっ、んん…」と声を漏らした。
そのままおっぱいへの愛撫をしつつディープキスを続け、捲れあがったスカートの裾に手を忍ばせ、
太ももを押し広げると、これまたなんの抵抗もなく股を拡げ、ブラとお揃いのエッチな黒パンティがあらわになった。
美奈子のアソコの中心部にはもうシミが出来ていた。

「こんなに濡らして。イヤらしいOLさんだね」と言うと、「いやぁ?、恥ずかしいですよぉ!」
と強く抱きついてきた。
そのまま押し倒し、パンティの上からワレメに沿って愛撫をすると
「あぁ、イイ!気持ちいい!」
と声を漏らし、一段と濡れそぼってきた。スカートをまくり上げ、美奈子のパンティを取ると、
クロッチのところに粘液の盛り上がりがあり、そことサーモンピンクの淫口とが透明な糸が繋がっていた。
その淫口にも淫汁が溢れ貯まって垂れようとさえしていた。私は躊躇せずに、その淫口に吸い付き、
わざとジュルジュルと音を立てながら得意の舐め吸いを始めた。
「いやぁぁぁ、汚いですよぅ!?洗ってないのにぃ。ダメぇ!あぁ、イイ、イイ、気持ちいい!」
と甲高い声を上げて、腰をグラインドさせ始めた。
美奈子のクリから淫口の周りそしてアナルまで丁寧かつ執拗に舐め吸った後、クリを舐め吸いつつ、
左手の人差し指と中指を淫穴に突き入れ、Gスポットをはじめ快感スポットへの指腹タッチ攻撃を始めると、
美奈子は悶え狂い始め
「あぁ、イイ。あぁぁ、気持ちいい、はぁはぁはぁ、もっと、もっとしてぇ!」
と激しく腰を揺すり、愛液を飛び散らせて潮を吹き、右手で右の乳首を摘みクリクリト刺激を与えると、
「あぁ、ダメぇ。イクよぉ?イクよ!」
と最初のアクメへと昇りつめていった。ガクガクと両足が痙攣し、
のけぞりながら余韻を楽しむ美奈子を上から眺めつつ、私は素早く服を脱ぎ捨て全裸になって、美奈子に覆い被さった。

髪を撫でながら「どう?これが欲しいかな」と私のいきり立つ極太を握らせると、
最初は力なく握っていたが「あぁ、大きい!!恥ずかしくなっちゃいますよぉ」
と目を開き私を見つめながら握る手に力が入った。「欲しい?」と再び聞くと、
「うん」と言いつつ何度も頷いた。
「脱ぎなよ」と促すと、力なく起き上がり、服を脱ぎ始めた。
手伝って脱がすと揉みし抱いたときにそのハリと弾力を感じていたが、胸は本当に崩れもなく美乳であった。
腰のくびれといい、私の大好きな張りのある大きな尻といい申し分のない体だった。

その後は69で互いの性器を舐め合い、美奈子に騎乗位で動くように言うと「着けてください…」
と小さな声で言うので、用意したコンドームを着けたが、窮屈そうなのを見て「ココ、本当に大きいよね」
と嬉しそうに言いつつ、自分で極太を掴み淫穴にあてがい腰を沈めていった。

「あぁ、きつい。この感じ、イイ!気持ちイイ!」と後はもう狂ったように腰を前後左右、
上下に打ち動かして、時折突き上げる私の突きに悲鳴を上げつつ、
何度も何度もアクメに達したのである。その後は正常位、バック、立ちバック、座位と色々と楽しんだのは言うまでもなかった。
今更だけど、やっぱり美奈子も最初からこうなることを予想してやって来たのだと改めて思わされた。
じゃなければ制服の下にあんな黒のイヤらしい下着はつけてこないだろう。
別れ際に「すっごくドキドキしちゃった、こんな気持ちイイSEXをしたのは久しぶり?!」と抱きつきキスを求めてきた。
いい顔であった。美奈子が一段と可愛く見えた。

eroseku66


その後日…美奈子と改めて挿入となったとき、
「このまま入れてください。ナマが欲しい。今日は…お願いします」
と生入れを求めてきた。思う存分私の生入れを楽しませたのは言うまでもない。
「もう、ぜんぜん違う!?あぁぁぁぁあぁぁ、気持ちイイ!」と悶え狂ってくれたのは言うまでもない。
久しぶりにいい女と出会った。
最近では仕事そっちのけで、制服のままホテルでSEXをしたり、外で露出デートをしたり、
毎日抱いてとおねだりするエロいOLになっている。嬉しいことである。






【メルパラ】
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
セフレ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
セクシーなOLから経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかがポイントですよ。




↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:綺麗なお姉さん | GENRE:アダルト | TAGS:

ほろ酔いどスケベ熟女に3回イカされたエロい話

先週の金曜日の夜。
ココで知り合って遊ぶ事になったバツイチ女性との話。

出会い系内で何度かやりとりしてから、直アドを交換。
その後、4日間くらいのメールと電話を1回で写メ交換&実際に会えることに…!

約束の時間は夜中の0時。
遅い時間にしたのは、やることが目的だったってのもあるけど、女(由美子と呼ぶことにする)は
スナックで働いているため、遅い時間でないと会えないということだった。

当日の0時。待ち合わせは某ショッピングモール前。
会ったその時、フラフラで歩いてた。スナックで飲んできたのであろう。
体型はややふっくらした感じ。
身長160センチぐらい、体重50前半キロぐらい?
やはり写メは詐欺だったw まぁ、顔は写mあまり可愛くないがやれればOKww
「こんばんは。はじめまして」
と言いながら体を支える。この手の女はやりやすい。

早速、俺の愛車に乗せた。
改めて、「こんばんは」と言って頭を軽く下げてた。

余計な挨拶はもういいと、とりあえず車を走らせると、
由美子が体を寄せてきて俺の体を触ってきた。
気にしてない素振りで「どこいく?」と聞くと、
由美子が一言こう言った「ホテル行こう」と。
会って2、3分でホテル行く事決まりましたww
まぁ、やるの前提だったしねw

って事で近場のホテルへ移動。
しかもその女性の指示に従いホテルへ。
このホテルお風呂が大きい…明らかに2人で入るサイズ。
というわけで、一緒に入る事に。

俺が先に入って待っていると、後から入ってきて大事な部分は隠してる。
で、俺を背にして入ってきたので後ろからおっぱいを揉んでたら
「あ…ん…」と。
そのままの体勢で顔をこちらに向けさせ、いきなりディープキス。
その間もあふあふ言っててもうギンギンです。
湯船の中で下に手を伸ばすと…もうヌルヌルになってる!
そのままクリを責めて
「んん!…あん…」
湯船の中なのでちょっとやりにくいけど、
少しでも止めると手で息子を責めてくる…
こら持たねぇ…と思いながら
指を中に入れてさらに掻き混ぜると喘ぎまくり。

さすがに湯船の中でやってると少しのぼせてきて…
風呂から一旦出て口で奉仕するか…と思って湯船に腰掛けたら
パクッ!って咥えてきた。
エロすぎるやろ…と思ったけど
早漏気味な自分が持つわけではないので
「ダメ…もう我慢出来ない…こっちきて」
と湯船から出す。
「じゃあ…入れて♪」
と言いながら後ろを突き出してきた。
内心いきなりバックですか…と思いながらもかなりの興奮。
ズブっていうよりもヌルッて感触で一瞬で奥まで入った。
腰を振りながら
「バックが好きなの?ヌルヌルだし中がヒクヒクしてるよ」
「あん!…んん!!好き…なの…あん!」
暑くて汗が滴る中ぷにっとしたおっぱい
お尻を揉んだり、背中を舐め回す。
ちょっとしょっぱい。
足は湯船の中だったんだけど、このまま腰振るのって疲れるのね。
体勢的にも無理があるので…正常位へ。

こちらを向かせてM字で足を開かせ、再度ヌルッっと。
さっきより激しく声を出してしがみ付いてくる。
足を腰に回してくるし…俺もそんな状況に興奮して
ディープキスでベロベロしながらひたすら激しく奥まで突きまくり。
状況のせいもあるのだけど
もういっちゃえと思って
相手を気持ち良くする余裕もなくそのまま果てました。
で、少しの余韻を楽しみながら
ヒクヒクしてるあそこに押し出される。
外したゴムを見ながら嬉しそうに
「いっぱい出たねぇ♪」
とか言われながらちょっと興奮w

部屋に戻って世間話をしたりテレビを見たりしてたら
今度は向こうから襲いかかってきてディープキス。
凄い…エロい…です…と思いながら
今度はベッドの上でねっとりとしたセックスをして
さて寝ようか…と思ったら、さらにおしゃぶりスタートww

昨日オナったのにさすがに3回目は無理だろ
と思ったら膝を持ち上げて恥ずかしい体勢にされて
穴をべろべろさわさわ。
そら反応しますよ。
「むりむり!」
とか言いながらもきっちりしごかれて
でもイケなくて、快感の波に涙を流しながら
ワケが分かんなくなりながら結局きっちりいかされました。

eroseku65


めちゃくちゃ疲れたけど、こんな簡単にやらせてくれる女なら、
溜まったころにまた連絡しようと思いますw




出会いSNS PCMAX(PCマックス)

【PCMAX】
女性誌への掲載やTV(東京MX)で紹介されるなど、業界一クリーンな出会い系サイトです。
人気AV女優とのコラボ企画や、会員同士を繋ぐ公式オフ会、湘南&須磨水着コンテスト、H-1(ハメ撮り)コンテスト、PCMAXカフェの出店など、PCMAXは出会い系界の革命児です。
また、こんなことができる企業規模や会員へのサービス精神からも、サクラがいない数少ない優良サイトの一つだと言えるでしょう。
無料登録をしたら「裏プロフィール検索」からエロい女を探しましょう。
(裏プロフだからこそ書ける本音が綴ってありますよ)
検索したら、尻軽ビッチと仲良くセックスするのみ!
ここには社会人のヤリサーがあります!




↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:熟女・人妻 | GENRE:アダルト | TAGS:

ゴムは現地調達!ぬるぬるマンコの美人人妻に中出しセックス

2週間前の土曜日の昼下がり、暇を持て余していた俺は、いつものようにココで人妻を物色していた。

なかなか好みの人妻が見つからず、時間だけが無情に過ぎていった…。
しかし、そんな時、先週メッセージを送った人妻から返信メッセージが届いていた。

タイトルが
「RE:はじめまして」
といった月並みのよくある返し。

とりあえず、俺は人からくるメッセージは一通り読まないと気がすまない性格なので、こんなタイトルでも読んでみることにした。
余談だけど、初めに俺がどんなメッセージを送っていたかというと
「普段の生活を退屈と思っていませんか?」
「少し羽根を伸ばすつもりで、気分転換でもしてみませんか?」
と、垢BAN対策としてかなり遠まわしに不倫を匂わす文面送っている。


そしてこんな文面に対して向こうから届いたメッセージ内容は
「んー少し文面の本質がわかりにくいのですが・・・」

そらそうだろ。垢BANされたら元も子もない。
上記のメッセージに続いて
「暇つぶしに気分転換はしてみたいです。」
どうやら、その人妻は子供が高校を卒業し、春から地方の大学にいくことが決まり、手がかかる子供が親元を離れたことで、時間に余裕ができたようだった。

少しでも食いついてくると、もうこれはずっと俺のターン。
即座にメッセージを返す。
俺「ご返信ありがとうございます。」
俺「では、明後日の月曜日に△△で13時に待ってますね」
俺「これ私の本アドレスなのであとから空メ送っておいてください。」
人妻「はい。わかりました。」
まぁ食いついてきた人妻は大概すんなり話もすすみやすい。

そしてその後、慎重に写メ交換をした後、
月曜日までこのwktkをどう抑えるようかと考える。

顔は写メを見る限り、芸能人で言うと森高千里に激似だった。
1枚だけじゃ判断しづらいので2枚目3枚目を要求する。
「きれいですねー。他の角度からの写メはないの?」
「ありますけど、必要ですか?」
「うん。見てみたいです。」
「じゃあ送ります。」

メールが届く。
そこには、ちょっと古臭いポーズで笑みを浮かべながら写る森高千里似の人妻がいた。

本物だ!!!俺は一気に気分が高まった。
これは大当たりだ!!瞬時に勃起する俺のチンコ。早すぎだよ。

「やっぱり可愛いね。」
「そんな事ないですよ。」
「月曜日が楽しみです^^」
などと、月曜日にブッチされないように日曜日にも適度に色々メールを送っていた。

─月曜日朝

時は来た!!!!俺のチンコは即座にマックスに達した。
「おはようございます。近くに着いたらまた連絡しますね。」
「おはようございます^^ わかりました。ちょっと本屋寄ってからいきますね。」
「オッケー。」
「今着きました。」
「もうすぐ着きます。格好を教えて下さい。」
「薄いピンクのジャケットに中は白のワンピースです」

いた!!あの子だ。遠くで顔見えないが、同様の格好した女性を見つけた。
(仮に名前を千里とします)

この瞬間が1番緊張する。
次第に千里に近づき顔がはっきり見えて来る。
胸はドキドキ鳴っていた。

はっきり顔が見える所まで近づいた。千里の顔を見る。

可愛い!!写メの子と同じだ!!

「やあ、お待たせ」
俺は声をかけた。
「あ、どうも」
相手はぺこりとお辞儀をした。
「じゃあ、行こうか。」
「はい。」
並んで歩き出す2人。
「月並みだけど、実物はさらにきれいですね」
「そんなこと・・・」
「いや本当に綺麗ですよ。」
「ありがとうございます^^」

これはおべんちゃらなどではなく、本当にそう思った。

そんな話をしていると、最近出来た紅茶の美味しい喫茶店の前についた。

「あ、ここです。」
「おしゃれですね。こんな店よくご存知で。」
それもそのはず、こういった店探しは日常茶飯事だ。
よさげな店をネットで見つけたらあらかじめ自分で立ち寄り、確認することにしている。

「では、お先にどうぞ」

「中は外とはまた違って落ち着いた感じで、非常にリラックスできる感じですね」
「千里さんに似合うと思って今日はここを選びました。」
そう言葉をかけてやると、少し笑みを浮かべてくれた。
もう俺はその笑みだけでイッてしまいそうだった。

「千里さんって普段こういった感じで人にあったりするの?」
「いいえ全くです。」
「女子会で集まっている主婦達は結構やってるという人はいるのですが・・・」
そんなことは俺の方がよく知っている。
ニュースにもなっていたくらいだ
そういった奴らを食うのが俺の仕事だからだ。

「緊張してない?」
「してないって言ったらウソになりますが、今は少し気分がいいです。」
そらそうだ、普段、何も刺激のない生活を送っていると、こんな俺と一緒に外にお茶するだけでもだいぶ気分はかわる。
当たり前の話だ。

紅茶とお店オススメのチーズケーキを食しながら、
話も少しだんだんとエッチな方向へ変わっていく。
「最近ご無沙汰ですか?」
「えっ?!」
いきなりのフリにびっくりしたのだろう。
まんまるのおめめがさらに丸くなった千里を見て、
俺はさらに興奮を得た。
そしてもう一度。

「最近ご無沙汰ですか?」
「は、はい。」
「そう、じゃちょっと今日どうかな? そういったの嫌いじゃないんでしょ?」
「で、でも。」
「悪くはしないですよ。」
「・・・」

ここは押すしかない。
今まで大体こうやってついてきた女は軽くこの言葉で道を外したものだ。
「僕はあなたを知りたいんです。」
千里はだんだんとモジモジとしだし、次第に顔も紅潮していく。
またこれもかわいい。
「わ、わかりました。」

ひたすら押し捲ったあげく、そう、これは決まっていた結果である。
その言葉が聞きたくて、こういったことをしてるといっても過言ではない。
そして落ちた瞬間、すぐさま俺はレシートを手に取り精算、二人で店をあとにした。

ホテルまでの道中、最初とは違い、少しカラダを寄せ合いながら歩くようになっていた。
「ちょっと冷えるよね・・・」
空は晴れていてもまだ暦上では3月という肌寒い季節。
千里の手もかじかんでいるのを見て、近くの薬局によることにした。

「薬局よっていくね。」

薬局に入るとすぐにカイロを手に取り、
そして大き目のコンドームをカゴの中にカイロと一緒に入れる。
「僕これぐらいじゃないと、ホテルに置いてるゴムじゃ、きつくて入んないんだ…。」
そのコンドームを見るや否や千里はあっけに取られる。
そう、こんなサイズのものが私のナニに入るのかしらと思わんとばかりに。
「お、大きいんですね」
「へへ」

薬局からでた俺達は、またホテルへ向かう道を寄り添いながら歩いていく。
「ここらへんは地元から離れているから気兼ねなしに歩けるでしょ」
「そうですね。」
一瞬、いいともの客かと思うようなこの返し。
もちろんホテル街は地元から離すのは常識。
俺的にも千里的にもそっちのほうが都合がいいからだ。
そうすると、やっとお目当てのホテルがだんだんと姿をあらわしてきた。

ホテルに到着。
もちろんラブホテルではなく、普通のホテルだ。
そこは千里にも気を使ってのこと。
そっちのほうが連れ込み易い。

「ラブホテルを想像してました。」
「ラブホは周りの目もあるし、こっちの方が何かと安全なんだ。」
「へぇ」
あまりそこらへんは気にしていないみたいだ。
まぁそんなことはどうでもいい。
俺は今にも襲い掛かりたい気持ちを抑えながら、部屋のキーを受け取った。

部屋に入るや否や。
とりあえずお風呂に入ろうと俺はすすめた。
何せ、この冷え切った体を温めたいからだ。
その千里も
「そうですね。」
まぁそうだろ、こんだけ寒かったんだ、エアコンのきいていない部屋より、シャワーやお風呂で温まるのが一番だ。

「どうする?一緒に入る?」
一瞬ためらう千里
「よし、入ろう!」
と無理やり押し進めると、
「はい///」
と頬を赤く染めながら頷いた。

どうしても脱いでいるところは見せたがらなかったので、
俺は先に風呂に浸かって待っていることにした。
そうしたらタオルで上下を隠した千里がゆっくり風呂場のほうに入ってきた。
「タオルをとってみせてよ」
ここでも一瞬ためらったが、スルリスルリと千里は恥ずかしながらタオルを下ろし、少し大きい乳首と薄いアンダーヘアーを俺に見せてくれた。

乳首はまだ褐色がかってなく、胸は綺麗に上にツンと向いた形だった。
想像以上の千里の裸体に俺は即勃起した。

千里が風呂に浸かってくる。
俺はすぐさま乳首を人差し指でツンっと上から下に下ろす感じで触ってみた。
「あっ・・」
少し敏感なのか、か細い声でやらしい吐息とともに声こぼしてくれた。
しかし、ここのホテルの風呂は狭い・・・。
お風呂プレイは次回以降に持ち越しと決め、
踊る俺の下心を背に、体を温めるだけで一緒に風呂をでた。

風呂からでて、バスローブに包まる二人。
千里の少し火照った首もとの肌がエロく感じる。

そして少し濡れた毛先・・・。

そんな髪を乾かすことなく俺達はベッドに寄り添った。

どれくらい時間が経っただろうか。
ベッドに入り二人で見つめ合っているだけの時間がすごく長く感じた。
千里のつぶらな瞳がずっとこっちを見ている。

俺も目を反らさずにいたが、少し口元に目をやると、
ウェットな唇が目に入った。

やらしい唇をしてやがる。
その唇を奪ってやろうと、ゆっくり顔を近づけると、千里はそのつぶらな瞳を閉じ、俺の押さえ切れない気持ちを察してか、自ら唇を寄せてきた。

濃厚に絡み合う舌。
よっぽど溜まっていたのだろう。
「クチュクチュ…」「ピチャピチャ…」
と、やらしい音を立てながら続く接吻。
俺もビックリするくらいのディープキスをし続けた。
まったくやらしい女だよ。

そして千里はキスをしながら、そそり立つチンコに手をあててくる。
ほんとやらしい女だ。

「…あぁ、あっ・・・。」
捻じるように触ってくる。
「はぁ・・・。はぁ。。ダメだ・・・。」
これだけでイキそうだ・・・。
「もう我慢できない・・・。」

我慢が出来なくなった俺は、
千里のバスローブはだけさせ乳を鷲づかみにし乳首にむしゃぶりつく。
「チュパチュパ…」「チュッチュッ…」
「ジュルジュルジュル…」
擬音がフェラチオのように聞こえるが、
これくらい激しく乳首に刺激を与えると、
千里は小さく「…あっ」と喘ぐだけだった。

どうせならもっと淫れさせてやろうと、
今度は俺のゴールドフィンガーで千里のマンコをいじくり倒す。
「ネチョネチョ…」「ピチャピチャ…」
「クッチャクッチャ…ピチョピチョピチョ」
「あぁ?!! あっ!あ????ぁ」
そう!この声だ。この声を待っていた。
千里が喘ぎ声を出すたびにネチョネチョと指に滴りつく愛液。
ちょっと臭う愛液もこれまた一興。

今度は俺の反り返るチンポを愛撫させる。
裏筋を根元からカリの部分まで舐め上げる千里。
俺はその時鳥肌が立つくらい震えた。
そして、「…チロチロ、…チロチロ」とカリの部分と亀頭を舌先で舐めてくる。
「…お、お、おおぅ」
思わず俺の口から気持ち悪い吐息が漏れた。
その後、一気に咥えだし俺の玉袋を左手で優しく触りながら、
顔を上下に激しくディープスロート。
「…ジュル!ジュル!…ジュボボ、ジュボボボボ!」
と風俗でも味わったことのないフェラチオに、
俺は圧倒されるだけであった。

「そろそろ入れるね」
と小声で呟き、千里の愛液で濡れまくったマンコにチンコを撫で付ける俺。
もうこの時には薬局で買ったゴムのことはすっかり忘れていた俺は、
千里の小陰唇の感触を楽しんでいた。

「にゅるり・・」
と膣口からゆっくりと入る俺のビッグマグナム。
千里もゴムのことを忘れ、
「…ア、アッ・・・」
と奥へ奥へと入っていく度に吐息を漏らす。

千里のマンコの中はとても気持ちがよく。
なんと言ってもシマリがいい。
そして、ゆっくりと俺は腰を振り始めた。

「…アッ、…アッ」
と普段見るAVとは違う小さな喘ぎ声。
そして、次第に二人の体はねっとりと汗に包まれた。

「…ハァハァ、ングッ。…ハァハァハァ」
「…ピチャチュパジュボ、…ピチャチュパジュボ」
「…アン、…ウ、ゥウ、ウーン」

徐々に声を荒らげてくる千里。
シーツにしがみ付いた手がだんだんと強くなる。今にも破れそうだ・・。
そして、千里は俺の背中に手を回し、再度キスを要求する。

「…ピチャチュパジュボ、…ピチャチュパジュボ」
千里の顔を見つめながら腰を振り続ける俺。
すると動物的本能か、千里は「バックでして」と俺に声を掛けた。

「…パンパン、スパパン、パンパン、スパパン」
「…パンパン、スパパン、パンパン、スパパン」
…と、リズムよく激しく突く俺。

千里はもっとくれと言わんばかりに、高く腰を突き上げる。
そして俺はその意思を汲み取り、
ぎゅっと千里のお尻を鷲づかみにしながらさらに激しく突いてやった。
「…ア、ア、アァァァ…」「…ア、ア、アァァァ…」
と次第に千里の喘ぎ声が大きくなっていく。
「…パンパン、スパパン!!!、パンパン、スパパン!!!」
「…パンパン、スパパン!!!、パンパン、スパパン!!!」

俺「… … ハァハァ・・ ハァ?・・・・・・・」
日頃の運動不足が祟り、31とはいえ、そろそろ少し疲れが見え始めてきた俺は、
千里を上に跨がせ、騎乗位に体位を変えた。

「…う、う、ンー・・・」
と自ら腰をくねらせ、自分のピンポイントに感じる所を只管あててくる千里。
よっぽど気持ちがいいのだろうか、
千里の目は最初に会ったときとは違ったトロけた目をしていた。

「フゥ…」
息が整った俺は再度正常位にもどし、残った力を振り絞りながら腰を振り始めた。
「…ア、ア、アァァァ!」「…ア、ア、アァァァ!」
千里の声がさらに大きくなる。

「イ、イィ、イキそう・・・。」
と千里と気持ちよさげな声で言ってくる。
すると俺は千里を強く抱きしめながら、さらに腰を振り続け絶頂の時を迎える。

「…ハ、ハァー・・・。あ、あぁ、もうダメだ。。イ、イっちゃうよ?」
「…う、うん、…い、いっぱい出してぇ・・・」
「…ア、アッア゛、…ンッアー」
ドピュッ!ドピュ!

ドクンドクンと脈打ち流れ出すザーメンが、千里の中へ注ぎ込まれる。
この日の為に土日オナ禁をしていた俺のザーメンは止まることを知らない。

ようやく出し尽くした俺は、マンコから滴り落ちるザーメンを尻目に、
千里に倒れがかるかのように抱きピロートークを始めた。

eroseku64


「…ハァハァ。…ングッ、ハァハァ、き、気持ちよかったよ・・ハァ」
「…ハァハァ、私も…」
「…ハァ、千里さん思ったよりエッチでびっくりしたよ。」
「///」
と千里は舌を小さくペロっとだしながら笑顔を浮かべるとすぐにシーツで顔を隠した。



ハッピーメールバナー

【ハッピーメール】
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:素人 | GENRE:アダルト | TAGS:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。