【公式】 メルパラ 【PR】

登録から2週間で「セックスできる確率82%」の快楽SNS ※セフレ持ちの友達が登録した結果

【メルパラ】レス中の人妻とSMルームで動画ハメ撮り

この出会い系サイトの掲示板に書き込みをしたところ、
「日記読んでたら会いたくなっちゃいました」
そんなメッセージを貰った。

それをきっかけに色々と話をしました。

既婚で子供なし。
旦那さんは優しいが、セックスに不満が…

ド美咲さんの彼女は俺の書き込みを読んで、
自分の相手をして欲しいと思ったそうだ。

性癖の話
お互いのやってみたい事
くだらない話
会う段取り…

色々な話をしながら、会っても何となく波長が合う様な気がしていた。

当日。

某駅前で待ち合わせ。



車に乗り込んだ美咲さんは

貰った写メの通りのかわいい女性。

ハッキリ言ってタイプでした。



「緊張してないでしょ?」

「してますよ(笑)」

「そう?そんな風に見えないけど(笑)」

「○○さんこそ緊張してなさそー」

「いやいや、してるよ?でも色々話してきたし写メも貰ってたし…安心感はある」

「あーそれありますね」




車を運転しながらそんな会話を交わし、コンビニで食材と飲み物を買い込んでホテルへ。



「この部屋にしようか(笑)」

「え!最初からここですか(笑)」

「そうだけど…ダメかな?」

「ダメじゃないです(笑)」

「よし、決まり」

「ちょっと帰りたくなりました」

「もう遅いよ」




選んだ部屋は…

SMルーム。




ここでどんなことが行われたか…


「オナニー…しないもん」



ベッドに横になった美咲さんの足元には、
鎖に繋がれた拘束具が。

「脚開いて」

赤い拘束具で両脚を固定し、
パンツの上から電マを当てる。

「ああああっ…」

そのまま上へ上がっていき、胸の周辺で円を描く。

「服の上からでも感じるんだ…?どっちが感じる?」

「んー、みぎぃ・・・」

「そこは素直なんだな、よし、そろそろ撮るよ」

「えっ…」

スマホの電源を入れ、撮り始めた。

「えっ…?ムービー?」

「さぁ…?」

撮られている事を意識してか、
声を出さない様に我慢している美咲さん。

「なに我慢してるの?」

「やだ…」

電マが胸からヘソの辺りに当たると

(ピクッ…)

身体が軽く跳ねた。



そのままクリトリスを撫でると

(ピクッ…ピクピクッ…)

腰を振って反応する。

「あっ…ああああっ…」

「何で自分で押し付けてるの?やらしい…」

「ああああああああっ……」

「さて、そろそろ俺もシャワー浴びて来ようかな、これ持って?」

そう言って美咲さんの手に電マを握らせた。



「俺がシャワー行ってる間、一人でしてなよ」

「ええっ…」

「でも勝手にイクなよ?俺がイカせるんだから。こいつに見張ってて貰うからさ」

「はい……」

そう言ってベッドの向かいにビデオカメラをセットした。

「ほら、何やってんの?早く始めて」

美咲さんの手にある電マを股間に誘導した。

「ふふ、いい眺めだ…ムービーも撮っておこうか。美咲さんはみんなに見られると感じる子だもんね」

「あああっ…ああああああああっ………」
「あっ…んっ…んんん…」

「一人で遊んでるとこ撮っといてあげるよ…」

「…やだっ…もうやだっ…」

「やだじゃない」

「はぁ…はぁ…んっ…はぁ…あっ…ねぇ…なんかすぐイキそうになっちゃう…」

「ふふ…ダメだよイッちゃ…勝手にイクなよ?」

(ブーン………)

「ん?」

「勝手にイクなよって(笑)」

「はいっ」


(ブーン………)

「早く…早く行ってきて!(シャワーに)」

「うるさいな」

「ねぇ…もうヤダ…」



「早く当ててほら」

「んんん…はぁ…ああああ……」

「ダメだぞ?」

「はぁ…あっ…んっ?」

「イクなよ?」

「イかないよ……はあぁん…んんんっ…」



「じゃあ、シャワー浴びて来るからいい子で待ってな」

「はいっ…」




シャワーを浴びながらも美咲さんの大きな喘ぎ声が聞こえてくる。

(ガチャ…)

「おい、こっちまで大きな声が聞こえてきてたぞ」

「やだっ…」

「イッちゃったんじゃないのか?」

「イッてない」

「ホントか?後でビデオ観ればわかるんだぞ?」

「ホントだもん」

「まあいい…」

パンツの隙間から指を入れると、そこはもうグッチョリ濡れていた。

「一人でこんなに濡らして…いやらしい子だね美咲さんは」

ヌルヌルを指に絡ませ、クリトリスを撫でると固くなっていた。



「ねぇ…こんなにクリトリス勃起してるよ?」

「やぁあああ…!!」

「指…入れて欲しい?」

「入れて欲しい…」

「じゃあお尻突き出してごらん」

「んっ?」

「あっち向いて」

四つん這いにした美咲さんのスカートを捲り上げ、パンツの隙間から再び指を入れた。



「んっ…んんん…ああああ…やだっ…」

「ん?イヤなの?」

「やだじゃない……」

「ふふっ…だんだん素直になってきたな」

「ほら…クチュクチュ音がしてる…」

「うん…あっ…気持ちいい…」

パンツを下げ、触っているとその音は段々と大きくなっていた。

(ピチャピチャピチャ…)


徐々に水っぽい音になってきた。

「我慢しなくていいからね…」

「はぁ…はぁ…もっと…激しくして」



美咲さんを仰向けにした。

(クチュクチュクチュ…ピチャピチャピチャ…)

「あっ…あっ…あっ…出るっ…」

「いいよ…全部出しな」

「あああああっ…!!!! 何でこんなに出るのっ…!」

「知らない…いっぱい出しな」

「あああああっ…!」




シーツに大きな染みがいくつも出来ていた。

「すげー飛び散ってる!」

「ふふっ…冷たいね♪」

「俺の…舐めてくれるか?」

「うん」



ねっとりと絡みつくようなフェラ。

かわいい美咲さんが一生懸命頬ばる横顔が卑猥だ。

「…もうダメ」

「ふふっ…気持ちいい…美咲さん…こっちおいで」



洗面所の鏡の前に連れていった。

「え?何…?」

「何って…入れるんだよ」

立ちバックの体勢で貫いた。

「あっ…んんん…!」

「自分の顔…よーく見ときな」

「はああああん…」

「ほら…いやらしい顔してる…綺麗だよ」

「あんっ…あんっ…」

顔を下に向けようとした瞬間に髪の毛を引っ張って上げさせる。

「見てろって言ったろ?」

「はぁ…はぁ…はい…」

そのまま耳を噛む。

≪バックで犯されながら耳を噛まれたい≫

それが美咲さんの希望だった。


「あああああああああっ……!」

一際声が大きくなった。

「こうされたかったんだろ?」

「うん…もっと…もっと強く噛んで…」

「いいよ…噛んであげる」

「もっと…もっと…」

鏡の前からベッドに移動し、もう一度バックから挿入した。

お尻を叩きながら腕を引っ張り、腰を打ち付ける。

「ほら…言ってごらん?」

「はっ…はっ…はっ…なに?」

「私は淫乱です、って言ってごらん?」

「…やだっ!」

「ほら…早く」

「私は…淫乱です…っ!!」

「なに?聞こえない」

「私は淫乱です…」

「もっと…大きな声で」

「…私は淫乱です!」

「そうだね…ほら…締まってきた」

「やんっ…」



卑猥な言葉を言わされた事で興奮した美咲さんのアソコがキュッと締め付けてくる。



正常位の体勢で挿入し、腰を振りながら首に手を掛けた。

「ほら…絞めるよ」

「うん…もっと…もっと強くして…」

「こうか?」

「もっと…もっと…」

手に力を込め、少しずつ体重を掛ける。

「はぁ…はぁ…もっと…」

首を絞める度に美咲さんのアソコも強く締まっていく。

「あぁ…もうイキそうだ…」

「イって…美咲さんの中で出して」

「イクぞ!」

「うん…いっぱい出して…」

「イっ…くっ…!」

「はぁ…はぁ…はぁ…」

シャワーを浴びて、駅まで送ってサヨナラ。

「それじゃ」

「うん、またね…」




実は女性にも興味があるという美咲さん。

レズプレイ鑑賞からの3Pをしてみようかって話もあったり無かったり…(笑)

実現するかどうか…お楽しみに!




【メルパラ】
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
セクシーなOLから経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

出会い系で出会った母子家庭のパイパン処女とお家セックス

話は3ヶ月日くらい前に遡ります。
ココで知り合って仲良くなった結衣という18歳の少女がいます。

チャットやメールで話をして、仲良くなってからはメアドを交換して色んな相談や話をしていました。
そのうち電話で話すようになって、会うことになりました。
詳しい話は省略しますが、ドライブに行った後、カフェでいつものようにお話をするつもりでした。

ドライブと食事は、意気投合って感じで楽しく過ごしました。特に大人の話やエッチな話しには興味津々でいろいろ話しました。

結衣は150センチくらいでショートの黒髪の似合うかわいい少女です。
昔の安部なつみみたいなかんじ。その割にはちょっと胸の谷間を強調するような黒のシャツ着てきて、
ついそっちに目が行ってしまいます。それに短めのスカートなので太ももが露わでとてもきれいでかわいい足をしていました。

昼過ぎてからカラオケに入り、とりあえず歌を歌います。
部屋は暗めでちょっと怪しい感じ。かなり狭い部屋に通されたので、室内に密着して座っていると当然ドキドキしてエッチな気分になってきました。
それはどうやら彼女も同じだったようで、肩を抱き寄せるとそのまま抱きついてきました。

私は彼女を抱き寄せると膝の上に座らせ、頬にキスしました。最初はお互いふざけたようにじゃれてましたが、
私のチンポがはち切れんばかりにズボンの中で突き立っているのに気付くと、
急に緊張したように大人しくなってしまいました。
私がそっと唇を重ねるとカチカチに固まりながらも、ぎこちなく応じてくれました。

その先は・・・
堰を切ったように彼女の胸や太ももやくびれを触りまくりました。
「誰か来ちゃうよぅ・・・」
彼女は恥かしそうにしながら、必死に私の手をどかそうとしていました。
「ん・・・」
結衣はキスが好きなみたいでキス中は何をされても抵抗がありません。
やがて、キスをしながら手をブラの中に突っ込み、かわいい胸を揉み、パンツの上から彼女のマンコに触ることができました。
「ん・・・んんっ・・・」
彼女の吐息がだんだん荒くなってきました。
隙を見て、パンツをするっと膝まで降ろしました。
「・・・!!」
慌てて彼女はパンツを抑えようとしましたが、そのまま一気に下まで降ろしました。
「えぇっ・・・やだぁ・・・」
彼女は不安そうに私を見ました。
私はまたキスをしながら、また彼女のスカートの中に手を突っ込みました。
太ももからそーっと上に・・・
(あれ・・・?)
いつもならある筈のあの感覚がありませんでした。手を滑らせると陰毛の感触はなく、そのままツルリとワレメに指が行きました。
(おお!?)
私はまだパイパンなるものを生で見た事がなかったので、思わず確認するように指で下腹部を摩りました。
「・・・毛は無いの?」
聞いて見ると・・・
彼女は半泣きの顔でコクリと頷きました。
そのまま、興奮しながらワレメを指でなぞるとわずかに蜜が溢れてきました。敏感な部分に触れると、彼女はピクピクと反応していました。
薄暗かったけど、それをしっかり見ようと、身を屈めてスカートの中に頭を突っ込みました。
「えぇっ・・・何するのっ?・・・んっ・・・んんっ・・・」
私は強引に顔を股間に擦り寄せて、彼女のワレメに舌を這わせました。
「・・・!」
彼女はビクビクと足を震わせながらも必死で声を抑えていました。
私はわざわざ蛍光灯を点けて、スカートをまくりしっかりと彼女のマンコを眺めました。
「やだぁ・・・お願いだからぁ・・・」
結衣は両手で顔を抑えていました。
私の目の前にあったのは・・・まるでエロアニメに出てくるマンコのような無毛で形のきれいなマンコでした。
私は陰毛が苦手であまりクンニはしませんが、この時ばかりはしばらく彼女の絶品のマンコに吸い突いていました。
これまでいろんなマンコ見てきたけど、毛が濃かったり、黒ずんでたり、ビラビラが長かったり、どこかグロさがあってあまり直視してこなかったのですが、彼女のそれは全く違いました。透き通るような肌に中はピンク色・・・。

私が必死に股間に吸い突いている間、結衣は狂ったように膝をビクビクさせ背中を反らせて、毛布に顔を埋めながら必死に声を抑えていました。

そして、私のチンポも我慢の限界か、ドクンドクンと脈打ちながら鋼のように硬くなっていました。

私は下だけ脱いで、彼女を抱き寄せました。
「ハァハァハァ・・・」
彼女はひどく疲れたように肩で息をしていました。きっと、何度も逝ってしまったんでしょう。
しかし、目の前に突き立ったガチガチのチンポを見つけて困惑した表情で私を見ました。
「何するの?・・・ムリムリ・・・」
私のチンポは結構横に太いので、彼女もびっくりしたんでしょう・・・
私は彼女を抱き締めて、そーっとチンポの上に導きました。
彼女はこれから何が起きるのか分かっていました・・・
「やだぁ・・・ムリだよぉ・・・」
私はしっかり彼女を抱いて、上に跨らせました。
ワレメの小さな穴の入り口にチンポが刺さりました。
私はたくさん唾をつけて、グリグリと何度も彼女の中へ導こうとしましたが、やはりチンポのサイズに対して穴が小さく、何度も何度も押し出されました。
「いやぁ・・・裂けちゃう・・・」
彼女が逃れようと後ろに体を反らした時にグッとチンポの先のカリがようやく入りました・・・
「うあっ・・・痛いっ・・・いたいたいたいぃぃぃぃぃ・・・」
思わず口を塞ぎましたが、彼女は激痛で必死に逃れようとしました。
かわいそうだけど、途中で辞めてもまた繰り返すので、強引に腰をつかんでそのまま少しずつねじ込んで行きました。
とにかく中は狭くて半分くらい入ってもすぐに押し出されそうなくらいでした。
「痛い・・・本当に痛いんだからっ・・・」
「ごめんね・・・最初だけだから我慢して・・・」
彼女は涙を流しながら訴えましたが、私は躊躇せずいきり立ったチンポを少しずつ穴をこじ開けるように突き刺していきました。

やがて、全てが彼女の中に収まりました・・・
しかし、あまりにも中がギチギチ締められるのと、無理に挿入したので私もどこか切れたみたいで・・・チンポがヒリヒリ痛みました。動くと私も彼女も痛いだけなので、断念してそこで止めました。
彼女に気付かれないように血を拭きながら、その日はしばらく抱き合ったままキスして時間を過ごしました。

翌日、結衣の方から「会いたい」と、連絡があり、車内で再び挿入しましたが、やはりお互い痛かったので、やり切れないまま食事だけして帰りました。

それから、10日経って夜12時頃に突然電話があって、「今から会いたい」と猛烈に迫られ仕方なく私の家に結衣を呼びました。

彼女は母子家庭で、今日は母親が夜勤でいないという事でした。
パジャマ姿にコートの格好で、部屋に入るやいなや、彼女は私に抱き突いてきて
「会いたかった?」
と、甘えんぼモードでした。
キスをするとそのままなし崩し的に布団に入り、彼女のパジャマを一枚一枚脱がせ、ムチムチのキレイな肌を舐め回し、弾力性のあるかわいい胸やお尻、お腹を味わいました。
そして、とっておきの極上マンコをたっぷり時間を掛けて味わいました。
携帯で写真やムービーも撮りました。
そして、いよいよ彼女の中へ・・・
「・・・!」
ググッ・・・
私のチンポは待ちくたびれたせいか、飢えた獣のようにドクドクンと脈打ちながら動いていました。
先を押し当て、ゆっくりと彼女の中に向かってねじ込んでいきました。
また押し戻されそうな程の締まりが襲ってきましたが、今度は彼女の蜜が絡み突いてきて、とろけそうな快感と共にヌルヌルと入っていきました。
心配していた彼女の反応は・・・

「あっ・・・んんんっ・・・」
私の下で気持ちよさそうに喘ぎ声を上げていました。
(よかった・・・)
10日前には苦痛に顔を歪め、いきり立ったチンポを何度も拒絶した少女が、今は私のチンポを根元まで飲み込み、気持ちよさそうに喘ぐ女の一面を見せていました。
あいかわらず中はギチギチで窮屈でしたが、彼女の熱い体温と溢れる蜜のおかげで快感を味わえました・・・
結衣は私のチンポが中に収まる度に膝をガクガクと震えさせ、布団を力一杯握り締めて感じまくっていました。

私は携帯で結合部分や彼女の喘ぐかわいい顔やプルプルと揺れる胸、きれいな肌に輝く汗をたくさんムービーや写真に撮りました。

私は快感に任せて力いっぱい腰を動かし続けました。
「んぁぁぁっ・・・いやぁぁ・・・しんじゃぅぅぅ・・・」
彼女は逝き続け、ぐったりと力尽きました。
それでも、私は締まりで半分ヒリヒリしながらも込み上げてくる射精感を爆発させるように彼女の子宮にチンポを押し当て続け、彼女の奥深くに溜め込んだ大量の精液を注ぎこみました。

eroseku33.jpg



「すごい気持ち良かった・・・死ぬかと思った・・・」
彼女はかわいく微笑みました。
その後、復活して再び彼女を上にして二度目の精液を注ぎ込んだ頃にはもう5時近くなっていて、慌てて彼女を家に送っていきました。彼女は逝きすぎて歩けなかったので抱きかかえて運んでいきました。
今日もこれから仕事なんで・・・眠くなったらまた、極上のマンコを思い出して頑張ろうと思います。






【ミントC!Jメール】
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!





↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
THEME:こんなかわいい子が・・・ | GENRE:アダルト | TAGS: