【公式】 メルパラ 【PR】

登録から2週間で「セックスできる確率82%」の快楽SNS ※セフレ持ちの友達が登録した結果

出会い系サイトでセックスした20歳の女性は、性欲ビンビンで最高だった

今回の記事では、出会い系サイトで知り合った女性とセックスすることに成功した、ヤリ手男性の体験談とヤレるコツを紹介します。
出会い系サイトの利用を検討している男性は是非参考にしてみて下さい。

1.出会い系サイトの利用状況(どれくらいの頻度で利用して、今まで何人くらいの女性と出会ったか等)




出会い系サイトは、女性と知り合えるチャンスがあるため、利用している人も多いです。
私が定期的に利用しているサイトは、老舗であり登録人数も多い人気の出会い系です。

使っている頻度として、1週間に1回のペースになります。
この出会い系サイトを使い始めて約1年になりますが、出逢った女性の人数は、15人ぐらいです。

上手くいって交流出来たケースと、待ち合わせ場所に女性が来なかったケースも数回あります。

しかし、女性の年齢は様々で、10代から40代まで出会えた事は、出会い系サイトのおかげです。

2.女性と会う約束を取り付けるまでの流れ(女性に送ったメッセージや、女性から返ってきたメッセージの内容など)




そんな私が、出会い系サイトを知ったのは、このサイトからになります。
「女性と簡単に交流が出来る、セフレ、メル友、友人などが作れる」というのがこの出会い系サイトの紹介文です。

私は、複数ある出会い系サイトの中から、人気、知名度が高いココを選び利用する事にしました。

この出会い系は、登録から利用まで分かりやすくスムーズに使えたのが魅力です。
私は、サイトのコンテンツの1つである掲示板に、
「初めまして。私は、30歳自営業の平凡な男性です。休日に、デートをしてくれる女性を募集しています。年齢は、10代から40歳までOKなので、気軽にメールをちょうだいね。」
と書き込みました。

1時間ぐらい経過した頃、ある女性から私のメールに
「私は、20歳の看護婦をしている女性ですが、同じ県に住んでいるので興味を持ちました。1度会ってみたいと思い、メールを送ったので返信をお待ちしています」
と返答してきました。

私は、うれしくなり女性に返信をして、プロフィールから趣味などを聞きやりとりを楽しみました。
そして、5、6回のメール返信から女性とデートするまで至る事になります。

3.女性との待ち合わせ(場所や服装など)




私は、女性と待ち合わせをする場所として、少し離れた某駅前を選びます。
選んだ理由は、私と女性との家から丁度、中間地点になるのが某駅前だからです。

会う時間帯は、午後の1時になりワクワクドキドキしながら女性を待ちます。

私は、普段からカジュアルな服装が好きなので、秋であるその日はジーンズに薄めのセーターを着て待ちます。
午後1時を10分ほど回った頃、女性はワンピースで現れました。

写真より大人ぽく見える女性は、少し照れくさそうな感じです。
私は、「○○さんですか?」と声を掛けると「ハイ。○○ですよ。緊張しています」と言ってきました。

私は、少し離れた繁華街にあるカラオケ店へ女性を誘うと「はい」と返事をくれました。


4.女性とのやりとり(居酒屋、カラオケ、カフェなど)




私は、カラオケ店へ、20代の頃よく行ったものですが30歳になってから足が遠のいています。
しかし、女性は、20歳で若いためカラオケ店には、定期的に行っている感じです。

私と女性は、カラオケ店へ着くと、部屋へ行き私が最初に歌う事になりました。
18番のサザンオールスターズの曲を熱唱すると、女性は手を叩いて喜んでくれました。

次に、女性は、西野カナさんの曲を歌い私は、手を叩いて返す事にします。

カラオケの合間には、軽い軽食を取り雑談を2人でします。

私は、女性に「出会い系サイトは、結構使っているの?」と聞くと「まだ3回ぐらいしか利用した事がない」と返答してきました。
私は、「カラオケが終わったらホテルへ遊びに行かない?」と言ってみると「え? でもホテルの部屋に興味があるから行ってみたい」と返してきました。

カラオケを2時間ほど楽しんだ後、私達はタクシーに乗ってラブホテルへ直行する事になります。

5.行為の内容(どんなHをしたか等)




ラブホテルは、2回ほどしか行ったことがないため少し緊張する私です。

自動の受付を利用して、カギを持って部屋へ2人は行きます。

部屋は、いかにもラブホテルといった感じでエッチな雰囲気が漂っています。

私は、大きなベットに寝転んだりして興奮している状態です。

女性は、ベットに腰を掛けて座りますが、私は冷静に「先にシャワーを浴びるから」と言って風呂場へ行きます。

その後、女性がシャワーを浴びてバスローブ姿で戻ってきた時、私は性欲が高まり女性をベットに押し倒しました。

女性のバスローブを脱がした瞬間、きれいな形の良い胸が登場し私は、胸に吸い付きました。

そして、パンツを脱がすと、アソコに顔を埋めて愛撫する事に無我夢中です。

女性は、少しずつ喘ぎ声を出して気持ちよくなっている感じです。

年齢が20歳である女性は、感度からして性欲が強い感じでエッチと言えます。

普段からAVを見ている私は、女性とのエッチを男優のようにリードします。

そして、私は、女性の口に性器を持って行くと、女性は口に含み舐めてくれました。

女性の舌技は、結構上手であり20歳にしては経験が多い感じです。

私は、思い切って口に精液を出してやろうかと思いましたが、初対面なのでお腹の上にする事にします。

舌技に満足した私は、いよいよ女性のアソコに挿入する事になります。

勃起した性器を女性に入れると、私は腰を動かして気持ちよくさせてやります。

激しく腰を動かす私と、気持ちよく喘ぎ声を出す女性は、ベットで悶えている状態です。

そして、ついに我慢できなくなった私は、女性のお腹の上に精液を出して、エッチの終わりを迎えます。

私と20歳の女性との出会い系体験は、エッチまで出来た成功で幕を閉じます。

6.現在の女性との関係(まだ関係は続いているか終わったか等)




その後、女性とは1回限りの体験で終わる事になります。

私は、女性との交流を続けたいと考えましたが、女性から「今日のエッチは、割り切りだからね。仕事が忙しいからバイバイ」と別れました。

また、新たな女性との出会いを求めて、私は出会い系サイトを今日も利用しています。

今は写真の子と仲良くしています。

若いっていいですね。




【メルパラ】
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
セクシーなOLから経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。

THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

スタイル抜群!淫乱人妻熟女と濃厚中出しセックス

今年の春でした、ココで既婚者の彩夏という46歳の女性と巡り会ったのは。

彼女は年上のスケベな女だった。

最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、


しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。

メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。

「旦那は、相手にしてくれない」

「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」

「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」

この様なメールが出会い系サイトを通じて届くようになった。

僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。

毎回、彼女は、メールの最後に「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。

そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。



僕との妄想SEXの内容をこまめに書き下してくる。

彼女は、バーチャルSEXを楽しんでいるのか、はたまたリアルなセックスフレンドを僕に求めているのか?

ある日、僕は「ランチでもしませんか?」と書いてみた。

すると、翌日の彼女のメールには「うれしいぃ♪」と書いてきた。

正直、淫らな主婦を見てみたかった、きっと、髪振り乱した、贅肉だらけのエロババアーに違いない。



数日後、僕は仕事の合間を利用して、山手線の、とある駅の改札口で待ち合わせをした。

僕は、即効で逃げられるように少し離れたキオスクの陰で改札口を見つめている。

それらしきエロババアーは見当たらない。

そして10分くらい過ぎた頃、僕のケイタイが鳴った、彼女からである。

彼女も僕を探しているらしい。

僕は、彼女の居場所を聞いた。

切符売場の前だそうだ。

目を切符売場に向けたら、そこにケイタイで電話をする一人の女性がいた。

彼女もキョロキョロ周りを見渡している。


「ラッキー!」

僕は、胸の中で叫んだ。

「良いじゃないですかぁーー」

十朱幸代似のスタイルの良い女である。

46歳には到底見えない、33,4でも通用するいい女である。

僕は、彩夏と思われる彼女に近づき初対面の挨拶をした。

彼女は、恥じらいながら軽く僕に会釈をしてニコリと微笑んだ。

僕達は、駅ビルのイタリアンレストランに入り、ピザとビールで出会いを記念して乾杯した。だが彼女は、食事も喉を通らないようである。

彼女は、緊張から逃げるようにビールを飲み干した。

徐々に会話も弾み、お互いに打ち解けてきた。

メールでの淫らなやり取りをしている二人とは思えない安らいだ会話を楽しんだ。

1時間が過ぎた。

彼女が化粧室に立ちあがり席を離れた。

彼女は、化粧室で何を思っているんだろう?

僕をどう評価しているんだろう?

その思いが僕の頭を駆け巡った。

一かバチかだ!

僕は会社に電話を入れ帰社を3時間遅らせた。

彼女が化粧室から戻ってきた、顔がほんのりとピンク色に染まっている。

この雰囲気に酔っているのか?

それともビールに酔ったのか?

僕は、彼女に冗談交じりに聞いてみた、彼女は「両方に酔っちゃった」と言うではないか。

僕は、間髪入れずに彼女をホテルに誘った。

一瞬、驚いたようであるが、彼女は小さく頷いてこう言った。

「この前のメールでは食事するくらいの時間しかないと言ってから、半分諦めていたの」

僕達は、バクバクと心臓を鳴らして店を後にした。



幸い、駅から歩いて2、3分の所にファッションホテルがあった。

僕は、彼女の手を握り、自動ドアをくぐった。

その間、僕は彼女の緊張を解すため、昼メロをパロッて、ジョークを飛ばす。

彩夏はクスッと笑い僕の手を強く握り返してきた。

フロントで落ち着いた部屋を選びルームキーを受け取り、部屋に入った。

「カチャ」っと鍵を閉めた直後、僕は彩夏を抱き寄せ柔らかいピンク色の唇を奪った。

手は、彩夏の背中を撫で回し、尻からスカートをたくし上げ、パンストの上から、柔らかくて大きな尻を弄り、後ろから指で、クリトリスの部分をグリグリと刺激してやった。

ほんのりと、パンティ、パンストを濡らしスケベ汁が染み出してきた。

彩夏は、もう理性を押さえられない状態なのか、小さな吐息を漏らすと、熱い舌を僕の舌に絡めながら僕の硬く、はち切れそうな股間をズボンの上から弄ってきた。

この女は、淫らになりたがっていると僕は確信した。

その時を境に彩夏は、僕だけの性奴隷に落ちて行った。

僕は、息を荒げる彩夏を引き離し、ソファーに腰を下ろした。

彩夏は、僕の態度に不安そうな表情を浮かべた。

僕は、彩夏の理性を完全に捨てさせるために僕の気持ちを彼女に伝えた。

「僕は、彩夏と、こうなった事に感動している。でも、もしかしたら、この先二度と逢えないかもしれない。そのためにも彩夏を体で感じたい。今まで経験したことが無い淫らなSEXを彩夏としたい」

と言い、僕は彩夏の見ている前で、全裸になった。

彼女よりも先に全裸になったのは、彼女の最後の理性を解放すためである。

彩夏は、呆然と僕の体を見つめ、いや、正確には僕のいきり起ったペニスを見つめている。

「私も、全てを忘れ淫らになりたい。あのメールよりも、もっと、もっと淫らになりたい」と言わせた。

僕は、彩夏に命令した。

「ゆっくりと服を脱いで、いやらしくオナニーを見せて欲しい。彩夏がいつもしている以上のオナニーを見せてくれ」

彩夏は、僕を見つめベッドの前で服を脱ぎ出した。

スカートを下ろし、ブラウスを脱いだ。

そして、パンストに手をやった時、僕は、ブラを先に取るように言った。

僕はきっとパンストフェチなのかも知れない。

彩夏は、言われるままブラのホックをはずしブラを取った。

乳房は結構大きい、しかも年齢とは正反対に均整のとれた乳房である。

既に乳首は硬く勃起している。



そして、ブラの跡が艶かしい。

彩夏は、ベッドに上がり、四つん這いになって、尻を高くもち上げ、僕を挑発するポーズをする。

自分の手を、股間から尻にまわし撫で上げたり下げたりして弄っている。

四つん這いのままパンストを尻からずり下げ、前を向きスルっと剥ぎ取った。

そしてまた四つん這いになり尻を高く突き出してパンティの上からアヌスとオマンコの間を細い指でなぞってオナニーを始めました。

クリトリスを刺激しているのか、彩夏の口から湿った声が溢れています。

あずき色のツルツルした布地のパンティに、彩夏のスケベ汁のシミが大きく広がっているみたいです。

彩夏はパンティ越しの刺激ではガマンできなくなったのか、尻からパンティを脱ぐと直接、クリトリスに指をあてがい擦りだしました。

「見て!見て!良介!良介に見て欲しいの!」

と、僕に哀願するような声を出します。

僕は、彩夏の側に行き、ま近で見つめました。

「彩夏。とてもやらしいよ。彩夏のすけべなオマンコがヒクヒクいってるよ。でも、とても綺麗なオマンコだよ」と、僕も淫らな言葉を彩夏に浴びせかけました。

彩夏は片方の手で乳房を揉み、勃起した乳首を指で摩擦しながら、もう片方の手の中指をオマンコの中に挿入し、ピストンしながら親指でクリトリスをこねています。

彩夏の尻が震え出して、部屋中に感じている声が響いています。

「もうだめぇーーオマンコ我慢できないの。入れて!・・・良介のおチンボ!入れてぇ・・・お願い!」

と、とうとうメスと化しました。

僕は、彩夏のストレスを楽しむように「だめだよ。まだ、あげないよ。でも、今は、彩夏を目で犯しているんだから、安心しな。このままイッテもいいんだよ」と、言ってやりました。

彩夏は、苦しそうに息を荒げ、突然、息が止まり、痙攣するみたいにイッてしまいました。

彩夏は、ベッドに倒れ込み、肩で息をしています。

僕は、彩夏の脇に腰掛け、彼女の髪を撫でてあげます、サラサラの栗毛色の髪が柔らかい。

「私、オナニーでこんなに感じたの初めて。いつも、イクんだけど、意識が遠のくような感じだったの」

と、僕の顔を見上げて言った。

「良介のおチンボって左にチョッピリ曲がってるのね」

と言い、彩夏の顔の近くに腰掛ける僕のペニスを指で撫で始めた。

僕は、年上であるが彩夏を、可愛く、愛しく思った。

「ごめんな。チンボ入れて上げなくて」

と、笑いながら言うと、「いいのよ。焦らされるのって気持ちがより高ぶることが分かったから。きっと、良介のおチンボを入れてもらった時、爆発しちゃうかもよ」と彼女も小さく笑った。

彩夏は、僕のペニスを撫でながら、

「なかなか、小さくならないのね。先っぽから、エッチなお汁が出てきちゃったぁ」

「綺麗にしてあげるね」

と、彩夏は僕のペニスの先っぽに滲み出る、透明の汁を舌先でペロリとすくって舐めた。

「シャワー浴びていないから汚いぜ」

と僕が言うと、

「いいの。良介の匂いもみんな好きだから、欲しいの・・・」

と、言って、僕の硬直したペニスを口に咥え込んだ。

ゆっくりと上下に唇を滑らせ、ペニスを絞り上げるように圧迫する。

ペニスの先が彩夏の喉の奥に当たるのが感じられる。

彩夏は身を起こし、僕の脚の間に体を横たえ官能のおもむくまま、僕のペニスを味わっている。

熱い舌で亀頭を舐めまわし、裏筋を舌先でクネクネ刺激する。

僕は、この快感にたまらなくなり、ベッドに大の字に横たわった。

彼女は「気持ちいい?」と、僕に聞き、「気持ちいいよ」と僕は答える。

「そんな答えじゃ嫌!」と、彩夏はダダをこねる。

「私、良介と今日が初めてだけど、良介のおチンボを独り占めしたい。良介の奥様にも、触らせたり、舐めさせたり、オマンコにも入れてもらいたくない」

と言うではありませんか!

男として最高のホメ言葉ですよね。



僕は、そんな彼女に対し「凄い感じるよ!彩夏の口を犯したい気分だよ!そして、ドクドクしたザーメンを彩夏に飲ませたい!僕のチンボは彩夏だけのものだから」と言ってやった。

彩夏は、その言葉で、より興奮したのか、唾液と混ざり合った僕のガマン汁をジュルジュルと吸うようにフェラチオをしている。

僕の頭の中も真っ白になったようで、理性を脱ぎ捨てた。

「彩夏のオマンコを舐めたいよ。グチュグチュのオマンコをもっとグチュグチュにしてやるよ!」

と言い、彼女の股間に無理やり顔を近づけて、脚を開き太ももを舐め、脚の付け根を舌先で舐めてやった。

「汚いからダメ!」

と、甘えた声で言う彩夏。

「僕も、彩夏と一緒の気持ちだよ、彩夏の体だだから汚くなんてないよ。全てが欲しいんだよ!」

その言葉を待ってたかのように、彩夏は、抵抗しなくなった。

多分、最後まで抵抗するつもりでは無かったのであろう。

きっと、彩夏も汚いオマンコを舐めて欲しかったんだと思った。

「いっぱい。愛して!」

と、彩夏は言うと、尻を僕の顔の上に跨り69の体位を自分からとった。

その間、彩夏は、僕のペニスを咥えっぱなしである。

この女、よっぽど僕に飢えてるんだなと思った。ただ、僕も彩夏に飢えているのかもしれない。

普段、シャワーも浴びていない女のオマンコなんて舐めたことないし、舐めたくも無い。



でも、今は違う、舐めたいのである。きっと、二人の精神状態はめちゃくちゃピークに達しているのである。

僕は、彩夏の形の良い尻、小さなピンク色のアヌス、そしてヒキヒクした生き物のようなオマンコを見上げた。

オマンコからアヌスまで、ヌラヌラと溢れ出るスケベ汁で光っている。

そんなオマンコの先端に小さく勃起するクリトリスを舌でペロンと舐め上げ、口に含み舌先でバイブしてやった。

瞬間、彩夏の体に電気が走ったようにビクンと波打った。

彩夏の声が、僕のペニスで聞こえる。

僕は、自分自身の快感に加え、彩夏のメスの姿に感動し、無意識に彩夏のオマンコに口を埋めて、シャブリだした。

ネットリした舌で、クリトリスを舐めまわし、舌先を細くしてオマンコの中に埋没させスクリューのように回転させた。

チョッピリ酸っぱい味が舌に残ったが、過激な匂いは無かった。

僕は、どんどんエスカレートしていった。

オマンコとアヌスの間を優しく舐め上げ、アヌスに舌を這わせた。

彩夏の尻が左右に揺れる。

アヌスの中に舌を入れようと試みたが、さすがに入れて貰えなかった。

彩夏の声にならない声が、僕のペニスの隙間から聞こえてくる。

一瞬、ペニスを咥える動きが止まる。

きっと、僕の愛撫の快楽に、フェラチオを忘れてしまうのであろう。



そして、また、思い出したかのように、むしゃぶりついてペニスを舐めまわす。

実際、彩夏の唾液が、僕の睾丸を越え、アヌスまで垂れてくるのだから、凄まじいペニスへの愛撫である。

僕の愛撫も彼女の愛撫に比例するように激しくなっていった。

ジュルジュルと音を出して、クリトリスを吸いだし、舌先でブルンブルンとバイブしてやった。

たまに、舌をオマンコにぶち込んでやり、鼻先でアヌスを刺激してやった。

すると、彼女がいきなり、僕のペニスから顔を持ち上げ禁断の言葉を発した。

「いいのぉ・・気持ちいいよぉ・・・オマンコいっちゃうよーーもっと、もっと、良介だけのオマンコにしてぇーーー。お願いぃ!良介、ちょうだい。良介のカルピス欲しいぃーー一杯だしてぇーー」

と叫び出した。

僕は、彩夏のその言葉にテンション上がりまくりです。

彩夏はさっき以上に、口を強く上下に振ってペニスを飲み込んでいます。

僕も、ペニスの奥がムズムズしてきてザーメンの発射段階に入りました。

この気持ち良さを彩夏に伝えたいと、彼女のオマンコから口を離し、僕も禁断の言葉を彩夏にぶつけました。

「僕もいきそうだよ!彩夏のオマンコを口で犯しながらいくんだよーー!彩夏のオマンコは僕だけのものだよ!誰にも渡さない!だから、僕のチンボだけを愛してくれよ!!」

と叫んでしまった。

二人の69の姿は鬼畜そのものである。

お互いの性器を必死に舐め合い、唾液でヌルヌルになりながら快楽をむさぼり合う。

もう、僕も彩夏も我慢の限界を遥かに越えた状態だった。

彩夏のかすれた声で「いっしょにイキたい・・・イッてぇ・・・」と聞こえた瞬間、彼女の体がビクンとして痙攣し始めた。

実際にオマンコが本当にヒクヒクしてるんです。

僕も同時に我慢していたザーメンを爆発させたい気分になった。

「オーー!」

と言う声と一緒に彩夏の口の中に放出した。

それは、彩夏の喉奥にぶち当てたような感覚でした。

彩夏は、意識がもうろうとする中、一滴も垂らさず飲んでくれました。

もう出ないのに、チュウチュウと僕のペニスを吸っています。

「もう、出ないよ」と僕が言うと、彼女は「もっと、欲しいよーー」と甘えた目で言います。

とても可愛い女です。

僕は、彼女のクリトリスに軽くキスをしてあげました。

すると、彼女は、またビクンと体を硬直させ、「あッ」と小さな声を上げます。

僕も彼女も、クスッっと小さく笑ってしまった。

僕は、体を起こし彼女と向き合い顔を近づけ、ディープキスをしました。

さっきまで、お互いの性器を舐め合った唇と舌を舐め合いました。

なんだか、ベタベタしてヤらしい行為の後を実感したのでした。

僕は彩夏の目を見つめ、「もう少し待ってな。そしたら、今度は、彩夏のヤらしいオマンコにぶち込んでやるから」と言ってやった。

彩夏は、頷いて、「こんなに感じたの初めて・・・それに私、男の人のカルピスを飲んだの初めてなの・・・一緒にイケて嬉しかった・・・」と言い、またディープキスをせがんできました。



その後、二人でバスルームに向かい、ヌルヌルの体を洗い合い、ボディーソープを全身に付け、体を密着させて擦って遊んでいました。

その刺激で、僕のペニスが早くも目覚めたのには驚きです。

30代後半からこんなこと無かったのになと思いながら、自然と照れ笑いしてしまいました。

彩夏は、驚きと嬉しさでしょうか、僕の泡だらけのペニスを太ももに挟み、ツルツルと遊んでいます。

その間、僕の目を見つめています、彼女の目は既に、いっちゃってます。

僕達は急いで、石鹸を流しバスルームから出てきました。

バスルームのドアを閉めると、彩夏を抱きかかえ、ベッドに直行です。

「これから、また、たっぷり虐めてやるからな!」

と言い、ベッドに押し倒しました。彩夏は、

「きゃッ!」

と言う小さな悲鳴と裏腹に、興味深々の目で僕の顔を見上げます。

演技でしょうか、少し怯えた目をしています。。。。。。。。

僕は、過去の過激メール交換で彩夏の趣味を知っています。それは、SMチックにレ○プされる事を願望していました。僕も満更ではありません。

早速、アダルト通販で購入した、超薄手の小さなTバックのパンティを美佐江に手渡し、身につけるように命令しました。

彼女は、「すごくイヤラシイ?パンティ・・・」とひとこと言い、濡れた下半身に身につけました。

「す、凄くイヤラシイ姿だね」

僕は、思わず彩夏に言葉を投げ捨てました。

小さな逆三角形のビキニで、陰毛の部分を隠す所に真っ赤な唇の刺繍があります。

そしてパンティの色は、白っぽいピンクです。

彩夏は、僕の次の行動に期待しているのでしょう。

目がうつろに僕を見つめています。

次に僕は、同じくアダルト通販で買ったビンデージテープを取り出すと、熟女を犯す獣と化し彩夏に襲い掛かった。

彩夏は、「いやぁ?!」と言いながら後ずさりし、ベッドの隅に追いやった。

僕は、彼女をベッドの中央に引きずり戻し、馬乗りになり、左右の手首と足首をボンデージテープで固定した。

その格好は、M字開脚の状態になり、小さなTバックパンティが食い込んだ、彩夏の恥ずかしいあそこが丸見えである。

彩夏は、哀願するように叫んだ、

「いやぁーー!許してぇーー!」

結構、彩夏の演技は芯に迫っている。ちょっと、うるさい叫び声である。



これが、ラブホテルでなければ、僕は逮捕されているこもしれない。

僕は、慌てて、ホテルのタオルで彩夏に猿轡をして黙らせた。

「うぐーーッ・・・ウウウーー」

声にならない呻き声が聞こえてきた。

彩夏の目は大きく見開き、僕を睨んでいる。迫真の演技である。

僕も負けてはいられない。

「奥さんよー、いつも旦那に抱かれてんだろう?俺と、一回くらいオマンコさせてもいいじゃねーかよーー」

「奥さんも、たまには違う男に可愛がられてみたいだろう?」

と、昔のポルノ男優のような二流の演技で彩夏に迫った。

彩夏は、叫ぶことも、身体を隠すこともできずに、顔を背けていた。

「奥さん・・イヤラシイ格好だぜ!こんな格好をいつも旦那に見せてるのかよぉ?」

と僕は、彩夏を罵り、形の良い乳房を掴み強く揉んだ。

彩夏は、タオルの奥で「うぐッ!」と声を漏らし、目を硬く閉じていた。

「嫌だと言いながら、奥さんもスケベじゃねーかよ!乳首が硬くなってきたぜ」

僕は、片手で乳房を揉みながら、乳首に吸いつき、舐めまわした。

その間、彩夏は声にならないうめき声を発した。

「もう、いい加減観念しろよ!奥さん・・」

それでも彩夏は、目を硬く閉じたままだ。

「それじゃ、もっと奥さんの感じる所を、舐めてやろうかなぁー」

と言い、食い込んだパンティに指を持っていった。

僕は、パンティのラインに指を軽く、這わせ食い込みを確認した。

彩夏は、下半身を震わせている。

それは、恐怖心なのか、それとも、今までの妄想が現実となる欲望の波が打ち寄せて来ているのか?

もう、そんな事はどうでも良い。

僕は、完全に今の状況に飲まれて理性も何も無くなった状態だった。

指を、パンティの食い込んだ割れ目に沿って上下した。

クリトリスの部分にを爪で軽く引っかき刺激した。



そして、徐々に中指を下にずらし、強くねじ入れた。

「うぐぐーッ」

と、こもった声と同時に腰が跳ね起き、身体が弓の字になった。

僕は、この時にSを感じた。女を虐める悦びが僕の下半身を伝わった。

僕は、彩夏のオマンコの中に中指をグリグリとねじ込んだ。

パンティの布が一緒に、肉びらに埋もれて行く状況がよく見えた。

段々、彩夏が履いているパンティの布が湿ってきた。




「奥さん・・気持ち良いんだねぇ?奥さんのオマンコからスケベ汁が溢れてきてるぜ」

と言うと、一旦、指を抜いてみた。

そこはには、指だけが抜かれ、パンティの布はまだ、埋没している状態である。

まるで、オマンコにできた小さなトンネルの様だ。






【メルパラ】
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
セクシーなOLから経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。

THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

金髪ヤンキー風の少女と中出しセックス!話が早くて相性抜群!

ココで知り合った女と会うことになった。

早速写メを交換して、お顔を拝見。

相手は19で金髪のヤンキーって感じだったから、会ってみるか躊躇ったけど、よくよく見るとけっこう可愛くて渋谷とかにいる感じの子だったから試しに会ってみる事にした。

待ち合わせ当日、まさかのジャージでご登場(笑)

裏切りませんね(笑)

一抹の不安を感じながらも、こういう子の方が話が早いので早速ホテルへ。

そして、良い意味でも期待を裏切られたのです。

なんとこの子、大当たりでした!


いざ前戯を始めると、すごく感じてるご様子。

そして、喘ぎ声がかなり可愛い!

ジャージなので一枚下はすぐ下着。

胸をちょっと触っただけでもビクビク。

シャワーも無しでとりあえず手マン。

恥ずかしいって連呼しながらアソコは洪水。

手マン中もグチュグチュ音が恥ずかしいらしく、「音・・・ハズイ・・・」って、可愛く言うもんだから、グチュグチュにした指を一気に抜いて断りもなく一気に生挿入。

それだけ濡れてるからすぐ入るのは当たり前なのに

「すぐ入っちゃうなんて・・・」

って恥じらう始末。

喘ぎ声の可愛さとヤンキースタイルのギャップにやられながら、突きまくる!

バックで突きながらブラはずして、服脱がして、後ろから胸もみまくり。

こうやって脱がしてくと靴下が脱がせないからバックでやってると格好がエロイ。

ヤンキーの金髪女が、こっちにケツ向けて靴下だけで下着投げ捨てて喘いでる姿に、興奮しまくりで速攻いきそうになったので、小休止しようと腰を休めたのだが気持ち良さの余韻でつい中だししてしまった…。

が、それで終わられるのはもったいないので、イってない事を装ってすぐさま腰振り再開。

「立ちが悪くなってきた~」

って嘘ついて復活まで待ち、最後は喘ぎまくる女に中だし。

(事前にゴムをつけるように言われてたんですけど、気持ちよくてつい…)

女も同時に行けたようで。

「久々にイクのかぶった・・・」

っていいながら足ビクビク。

精液をマンコの入り口にチンコで塗り付けると、くすぐったいのか感じてるのかビクビク震えまくり。

「そのままもう一回いけよ」

って言いながら手マンで中だしの精液を掻きだしてバレないように布団に塗りたくり。

でも結局シャワーでバレた…。

ヤバイと思ったが向こうは「生理前だから中で良いって言おうと思ってたの」って。ラッキー。



帰りは車で送ってあげることに。

送り先が暗い駐車場だったので、ベロチュウしてお別れしようとしたが、また息子が元気になってきたので後部座席に移って再戦開始(笑)

同じく手マンでグチョグチョにしてると座っている姿勢が良かったのか、腹筋が固くなってるなーと思ってる矢先にどんどん喘ぎが大きくなってきて一気に潮吹き。


潮吹きした瞬間にまた速攻挿入して今度は5分ももたず俺も中だし。

俺は結構出した後も動かし続けるから、イってないと思ったのかタイミング良く「やっぱ外でしよー」って言い出したので、中だし後のべちょべちょのチンコをくわえさせて立ちフェラ。

立つまでに時間がかかったが向こうは下半身丸出しで、ジャージの前を開けて胸はだけながら一生懸命フェラ。

復活後には車に手をつかせてまた突きまくり。

で結果3回。

1回1回が全力投球ってなかなか無いから、ホントに精も根もつきた。




見た目も相性も最高の相手で、今は相手の家で会う仲に。

喘ぎ声がカワイイ子とセックスするといつもよりいくのが早くなる分、回数こなして今でも頑張ってます。






【ミントC!Jメール】
よく使わせてもらってる出会い系サイトです。
好きなタイプの女性を見つけてメールを送っちゃいましょう。
自分からアプローチするのが苦手な人は、アダルト掲示板に書き込むのがオススメです。
性欲旺盛なのはギャルだけじゃない。OLや人妻もけっこうビッチなんですよ?
登録無料なので社会人向けのヤリサー感覚でお気軽にどうぞ!
セックスフレンドを作って、エロい女とのセックスライフを楽しみましょう!


THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

真面目系OLの素顔!淫乱イキまくりセックス体験

先日、ココで知り合った女性とのエッチな話をします。

その女性は、とある会社の研究に携わっている女性で、会う前までは、

「かなりインテリの女性だろうな・・・。もしかしたら牛乳瓶のふたの様なめがねを掛けているのかな?」等と、

まじめな女性を想像していました。

でもエッチなチャットで知り合った女性でしたから、正直言うと会うまでは非常に不安でした。

でも実際あって見たら何処にでもいる、普通の女性でした。

凄い奇麗とか、凄い可愛いとか、そういう人ではなかったですが、それなりに普通の女性でした。


待合せは新宿駅の某所。

到着から5分ほどして予め連絡しておいた携帯電話に電話が掛かってきました。

「遅れてごめんなさい。仕事がなかなか終わらなくて・・・」

「いいよ! 今どこにいるの?」

「新宿駅の○○から電話してます」

「じゃあ、そこに歩いて行くから、このまま話続けて!」

そう言いながら、○○まで歩いていき、ようやく彼女と対面できました。

「じゃ、これからどうする? 何処行こうか?」



「お任せします」

「でも今日は暑いね! ビールちょっとだけ飲みたいね!」

「うん!」

「じゃ、ホテル行って、部屋で飲もう!」

「うん!」

そう言って、ホテル方面へ向こうことにしました。

繁華街を外れるとホテルに向かうカップルが沢山いて、私たちもその中に紛れ込むかのようにホテルへと歩いていきました。

部屋に着くなり冷蔵庫を開けてビールと取出し、二人で乾杯しました。

「お疲れさま!」

「仕事大変だったね! 無理しなくても良かったのに」

「ううん、約束してたから、頑張っちゃった!」

と彼女はちょっと顔を赤らめながら返事をしました。

「じゃ、お風呂に入ろうか!」

「うん」

「じゃ、俺が最初にはいるから、後で入っておいで!」
「分かったわ」

そうして私は会社帰りだったので、Yシャツを脱ぎ捨て、バスルームへ行きました。

「おーい。まだ入ってこないのー?」

「今行くぅー!!」

しばらくして彼女はバスルームに入ってきました。


バスルームで互いの体を洗って、私が彼女の背中を洗っている時に我慢できなくなりました。

後ろから彼女の胸を触り、彼女は後ろへ振り返るように顔を寄せて、キスをしました。

舌を絡ませながらキスをし、私は彼女の乳首を指で挟むようにして愛撫してあげました。

「あぁん・・・」

「我慢できなかったんだ・・・」

「私も、凄くしたかった・・・」

「続きはベットに行ってしようね!」

「うん・・・」

そう言って私たちは軽くバスタオルで体を拭き、ベットへと移りました。

ベットに腰を掛け、私は彼女に覆い被さるかのように、彼女を仰向けにして再びキスを始めました。

とろけるような舌触りの中で、私のおちんちんは益々大きくなっていきました。

舌を絡ませながら、お互いの唾液の味を味わうかのように、ねっとりとキスを繰り返しました。

私は左手を彼女の胸へと滑らせ、先ほどのバスルームの時にように乳首を指で挟んで愛撫してあげました。

「はぁぁ、、ん・・・」

軽く彼女の喘ぎ声が漏れ、私のボルテージは益々上がっていきます。

彼女の体を飢えた獲物がむしゃぶりつくかの様に乳首に舌を這わせて愛撫を続けます。

「あぁん、、いいぃ・・・」

「乳首、舐められるの好き?」

「う・・・ん、すごく好き・・・」

そういって私は乳首を唇で挟み、ブルブルと揺らしたりしました。

また、乳首の回りを舌先で軽く触れる程度になめ回したり、舌先で乳首をつついたり、時には舌先で乳首を跳ね上げるように舐めたりしました。

彼女もさすがに理性を保っていられなくなり、性に飢えた動物の様に変身していきました。

彼女が自ら私のおちんちんを握り、愛撫を始めます。

「あ、、いいよ。おちんちん好きなんだね!」

「うん、凄く好き・・・」

「いいんだよ。それが普通なんだから、もっとエッチになって・・・」

「あぁー、むちゃくちゃになりそう・・・」

そういって彼女は私のトランクスを下げ、生のおちんちんを触ってきます。

体が密着していたせいか、手を動かしにくかったみたいで、それでもおちんちんを上下にしごいてくれます。

「くわえてくれる?」

「うん!」

そういって彼女は私の股の部分へと移動し、仰向けになっている私に対し、上目遣いで私を見つめながら舐めてくれます。

「んぐっ、、んぐっ、、」

「おいしい?」

「うん、凄くおいしい! 先からもう汁があふれてるよ。(笑)」

「お前もだろ!(笑)」

そう言いながら彼女は口を窄めて、時には玉の部分を口で吸ったりしました。

「今度は俺が舐めてあげる! クンニされるの好きでしょ?」

「うん、舐めてくれるの?」

「いいよ! 俺、クンニするの、大好きだから!」

そう言って私は既に濡れているおま●こに顔を埋め、その愛液を味わうように舌で掬ってあげました。

時々クリトリスに舌が引っかかるように全体を舌で舐め上げ、その味を堪能していました。

そしてクリトリスを舌でつつくように舐めたり、舌先で転がすように舐めたりすると、彼女の喘ぎ声は悲鳴へと変わっていきます。

「あ゛ぁーーー!」

「クリトリスがいいんだね!?」

「あ゛ぁーーー、、、くぅっーーー」

私の質問には全然答えられなく、ただ快楽に堪え忍んでいるように見えました。

そして予め彼女に話していた私の十八番の技「舐め&バキューム&振動」のクリトリスへの愛撫をしたとたん、彼女は悲鳴をあげました。

「いやぁーーー! いっちゃうぅーーー!! 止めてぇーーーー!!!」

「止めて欲しいの?」

「いやぁーーー!!! いっちゃうぅーーーー!!!!」

全く私の問いには答えてくれないので、更にクリトリスを強力に吸い付き、顔を左右に振りながら振動を与えます。

そんな彼女の快楽におぼれる苦痛の表情を見て、私も我慢できなくなり、クンニを止め、いきり立った肉棒を彼女の中へと沈めていきました。

十分過ぎる程濡れていたので、全く違和感もなく奥へ奥へと沈んでいきました。

オーソドックスな正常位で挿入し、腰を降り続けます。

彼女のおま●こにおちんちんが出入りしているのを見ながら私も益々興奮していきます。

「あぁ、、いいぃーーー! 入ってるぅーーー!!」

「いっぱい入ってるでしょ? おま●こが絡みついてるよ・・・」

「奥までちょーだい、奥まで・・・」

「そんなに奥まで欲しいのか?」

そう言って私は彼女の足を抱え、屈曲位で深く彼女に腰を沈めていきました。

そして体位を得意の駅弁に切り替え、下から激しく突き上げたり、再度ベットに移ってバックで”パンパン”と

音が部屋に響くように突きまくりました。

松葉崩し、正常位、体位を次々と変化させ、

「あぁ、、、いっちゃうぅ・・・、いっちゃうよぉーーー!!」

「俺もいっちゃう・・・。いっぱい出していい?」

「いっぱい出してぇーーー! お願いぃーーーー!!」

「いくよ! いく、、いく、、、いく、、、」

「あああああぁぁ、、、、、」

最後はキスをしながら屈曲位で突きまくり、二人は果ててしまいました。

もちろんこのときはゴムを着けていましたので、コンドームには白い液がたっぷりと入っており、

「いっぱい出ちゃったね! 溜まってたの?」

「溜まってはいないけど、君のおま●こが凄く良かったからだよ!」

「ありがとう・・・。私も本当に死ぬかと思っちゃった・・・」

「そんなに気持ち良かったんだ。俺もそういってくれると嬉しいよ!」

と、最後に再びシャワーを浴びてホテルを後にしました。




それから、彼女からメールが来て、「仕事が忙しくなったので、ちょっと会えそうにありません。またお会いできる日を楽しみにしています」と言ったまま、連絡が途絶えてしまいました。

もちろん携帯電話の番号は知っていますが、あえて連絡しないようにしています。

迷惑を掛けてしまわぬように・・・。

でも、あんなに気持ちよさそうに喘いでくれるなら、もう一度だけイかせたいと思うのが男の性ですよね(笑)





【メルパラ】
登録無料の老舗優良出会い系サイト!
エッチ目的の人は、アダルト掲示板を活用しましょう!
セクシーなOLから経験豊富な熟女まで、欲求不満なビッチが求めてきますよ。
社会人向けのヤリサーみたいなものです(笑)
このサイトでは数十人のエロい女とセックスしたけど、スタイルの良い子が多かったのが印象的かな。
それから一つアドバイス! 毎日無料でガチャ引けるから、上手く活用できるかが即ハメのポイントですよ。



THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS:

世間を賑わせている有名難関私立大学のヤリサーの娘と中出しセックス

今回の子は、ココで見つけた子。

某有名難関私立大学に通う20歳になったばかりの女の子です。
(今何かと世間を騒がせていてる大学の広告研究会という名のヤリサーに所属している子です)

何やら仕送りとバイトだけでは生活が苦しくて「割り切り」に初挑戦とのこと。

何回かメールのやりとりをして、写メの交換をした。

そして、何度かアタックして、ようやく会う約束までこぎつけた。

条件や待ち合わせ場所を決めたらあとはやるだけ!



待ち合わせ当日。

会ってみると、写メ以上に可愛いかった。

肌がスベスベで、脚が細くてスタイルの良い綺麗な子だった。

身なりも小奇麗で、お金にもガツガツした様子はなく、性格が良いのかとてもにこやかに話す。朗らか、って感じ。

さすが良い大学に通っているだけはある。

援交をしていても育ちの良さが伺えました。



手を繋ぎながら、内心ウハウハのフル勃起でホテルのゲートをくぐった。

ホテルでは、彼女の条件通りゴムを着け、休憩時間いっぱい若い綺麗な身体を楽しんだ。

性感帯は乳首とクリちゃんのようで、弄ると「アンアンアン!」と部屋に響き渡るくらいの大声で喘いでいた。

フィニッシュは正常位でディープキスをしながらイカせたら、とろんとした目で「イッちゃった」と一言。

ここでもう一発やろうと思ったけど、情けないことに息子が勃たなかったので、次のチャンスを伺うことにした。



別れ際、「また会える?」と聞いてみたらあっさりOKだったので、LINEのIDを交換。

翌朝からちょこちょこLINEでやりとりしていたら、彼女からまた援助して欲しいとのこと。

そこで冗談めかして、

「ナマでも良いなら、いいよ!」

と返してみた。

すると、

「そろそろ生理なりそうだから大丈夫かな? 外に出してくれるならいいよ!」

ということで、生挿入OKに! ラッキー!

それがつい先日の雨の日のことだった。

そして、2度目の再開をして、前回同様に待ち合わせて即ホテルへ。


部屋に入るなりベッドに押し倒し、彼女のパンツをずらしてナマ挿入。

彼女は拒まなかったし、あそこはすでに受け入れ態勢ばっちしだったから、少なからず期待してたんじゃないかな?

チ○ポをズブズブと浅く入れては戻しを繰り返し、徐々に深く押しこんでいく。

何往復かのピストンの後、根本まで突き入れると、亀頭の先に子宮口の感触。

やっぱ生はいい~!

亀頭の先でマ○コの奥をグリグリと押してやると、それに合わせて彼女はいやらしい声を出す。

腰の動きを早めると、「うううあああ!お○っこ出そう~!!」と叫び、ビクビクと体を震わせながら軽くイッた様子。

時間はまだたっぷりあるので、いったん抜いてシャワーを浴びようということに。

バスルームでも生でハメてやった。

彼女の体を壁に押し付け、片脚を抱え上げるようにして前から挿入。

彼女の顔や首を舐めまわしながら、突き上げるように腰を打ちつける。

でっかいミラーがあったので、そこに手をつかせ立ちバックも。

俺は鏡越しに、女に俺の目を見させるのがお気に入り。

そういうのわかる人いないかな? 快感と恥じらいが入り混じった表情がたまらないんだよ。

そんな彼女の可愛い顔を見ていたら、危うく俺もイキそうになった。

が、まだ早いと歯をくいしばってガマンした。

実はちょっと漏れてたかもしれない(汗


風呂上がりは、体の火照りを冷ましながらベッドでイチャつくのが好きだ。

そのままの流れでフェラ。そして、69。

彼女はあまり慣れていないのか、しゃぶり方がぎこちない。

変に指摘して気まずくなってもアレなので、適当に遮って挿入へ。

プリっとしたマンコの感触を先っちょに感じつつ、ゆっくりと進入。

そこからはじっくり時間をかけて、エッチを楽しんだ。

彼女は何度もイッていたな。

…女は何度もイケてうらやましいぜ。

部屋に入ってから、2時間くらいがたったころ、

彼女の可愛い顔を見ながら腰を動かしていると、

「んだめぇぇぇ!またイッちゃうぅぅー」とその日何度目かの絶頂宣言。

俺も疲れてきてたし、彼女がイクのに合わせ出そうかと腰の回転を速めていく。

あえぎまくってる彼女に、意地悪のつもりで

「どこに出したらいい~?」と尋ねると、

「お、ぁ、ぉ、なか、ぉ、なかにっ!」と声にならない声で必死に訴えていた(笑)

中出しの了解を得られたので思いっきり奥で発射。

若い女の膣内に射精するって、体だけじゃなく、精神的にも快感。たまらない。

彼女も「ぁあ~ん!ドクッドクッってするぅぅ」と中出しされて喜んでた。

ケツ筋を締め、最後の一滴まで膣内に注ぎ込む。

あーー、後腐れない中出しって最高だわ!

しばらく挿入したまま余韻を味わっていたが、半立ちになったところでチンポを抜く。

するとそれまで荒い息をついていた彼女が、

「おなかに出して、って言ったのにぃ!」と文句。

???

なるほど…「ぉ、なか」は「おなか」の意味で、外出しが希望だったのね。

予定外の中出しが、彼女にとっても相当気持ち良かったようで、「ごめんね~」と謝ったらあっさり許してくれたから良かった。

たった1万円でこんな可愛い子に中出しできるなんて最高!

それに、高学歴の良家の娘っぽいから、そんな子を犯せる優越感も堪らなかった。

これからしばらくは、この子にお世話になりそうだ。

あーでも、次回は中出しさせてくれんだろうなぁ~。



今時は、地方から出てきたぼっちの女子大生が釣れやすいから次もココで女を釣ろうと思う。

最近は出会い系の敷居も低くなって、若い女もSNS感覚で登録してるからこれからの出会いが楽しみで仕方ない。




別れ際にディープキスをして、「次も中出ししてもいい?」 と聞いたら、

「安全日ならね!」と顔を赤くして、照れた感じで言われた。

愛おしくて、もう一発やろうと思ったけど、やっぱりまた勃たなかったので、次回のお楽しみにすることにした。



ハッピーメールバナー

【ハッピーメール】
業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティです。
「会員数が多い=エロい女が多い」ため、経験上から最もセックスできる確率が高い出会い系サイトです。
ポイントは、「大人の掲示板」で尻が軽そうなビッチにメールを送ることだけです。
コツさえ掴めば、学生、OL、人妻とセックスし放題ですよ。
また、セフレと友達を集め合ってする乱交パーティーは格別です。社会人になってもヤリサーみたいなことができるなんて、夢があると思いませんか?!
THEME:出会い系 | GENRE:アダルト | TAGS: